もうグダグダな恋愛をやめようと決意した瞬間4つ

2020.09.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

“恋をしている”、“彼氏がいる”って聞こえはいいけれど、ほんとうにハッピーかと言われると、それはまた別問題なのかもしれません。もうそんな“パッとしない恋ともさようなら”とグダグダな恋愛を止めようと思うのは、一体どんなときなのでしょう?
世の中の女子がバッサリと別れを決意した瞬間というのをリサーチしてみました!

バッサリと別れを決意した瞬間

1: 彼の(何度目かの)浮気が発覚したとき

彼が浮気してもすぐには別れず、やり直すチャンスをあげるという心優しい女子もたくさんいることでしょう。でもそんなやさしさがいつも報いられるとは限りません。
なかにはそんな彼女の優しさを都合よく解釈して、浮気をやめない男もいます。でも彼の何度目かの浮気が発覚したとき、ふと“この人と付き合う価値はない”と悟るのです。一度そんな考えが頭を横切ると、あとはもうすっかりつきものが落ちたように別れるでしょう。

2: 結婚してとても幸せそうな友だちの笑顔を見たとき

もはやラブラブというわけではないけど、腐れ縁のような感じでずっと続いている彼。
でももう恋愛に必要なときめきや愛情はすっかり消えてしまったような気になっていることもあります。このまま彼との関係を続けてゆくべきか迷っているとき、結婚してとても幸せそうな友だちを見て、ふいに“今の恋愛にしがみつく必要ない”と気づくのです。本当に愛する人と結婚して輝いている人を見ると、“私だって”と思えてきます。

3: “長すぎる春”で、将来の先行きがまったく不透明だと悟ったとき

付き合い始めてから長いのに結婚しないまま月日だけが過ぎてゆく……そんな関係を“長すぎた春”なんて言葉に例えますが、そんな状況にいつまでも甘んじていられないと思う人もいます。
結婚がすべてだとは思わないけど、結婚に至らないというのはふたりの関係に決定的な“何か”が欠けているからなのかもしれません。こうした関係を断ち切ってフリーになったとたん、すぐに新しい恋人ができて電撃結婚という話も実はけっこうよくあります。

4: あきらかにお金目的で、ヒモ男になり下がっていると感じたとき

それなりに優しいけど、ひとつ気になるのが彼のお金に対するルーズさ。そもそも働く意欲も低いし、すぐに金銭的に頼られるというのがストレスになっていたという人もいます。最初の頃はそれも大目に見てきたけど、やっぱり大人だったらお金にはしっかりしてほしいという思いが高まるものでしょう。
問題は、お金そのものより誰かに頼ろうとする依存体質。そう思うともはや恋人としてもやってゆく自信がなくなってきます。

まとめ

いつもハイテンションでラブラブ感たっぷり! なんて恋愛は難しいです。しかし、惰性でお付き合いを続けているようなダラダラした関係をはたして続ける必要があるのか、本当に幸せになるためにも考えてみてもいいでしょう。
お互いのためにも次の恋に進むべきとき、なんてこともあるかもしれませんよ!

2020.09.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介