これが大人の恋? 恋愛で以前よりも重要視しなくなったこと5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2020.09.16.Wed

若い頃は、彼からほんの少し連絡が来ないだけでも「どうしたんだろう? なんで連絡が返ってこないんだろう?」とオロオロしていました。
しかし、大人になるにつれて「あ、彼から連絡がきていたのに返信するのを忘れていた!」なんていうこともあるくらい。年齢が上がるにつれ、若い頃には大ごとに感じられていたことが大した問題ではなくなることは、珍しいことではありません。

大人になると恋愛がラクになる?

(1)連絡が来なくても気にならなくなる

大人になると恋愛以外にも考えることや、やりたいことが増えます。自分の時間を過ごしているうちに、いつの間にか彼からの連絡がきていることがデフォルトになっていたりして。だからこそ、少しくらい彼からの連絡が途絶えたところで、全然心配ではないのです。

(2)ルックスが最重要事項ではなくなる

若い頃は、「顔が好み!」とか「スタイルが抜群!」ということが恋愛において欠かせない条件でした。
しかし、大人になると外見よりも誠実、真面目さや金銭感覚など、内面的なことのほうが重要になってくるのです。

(3)恋愛至上主義からの脱却

年齢を重ねるごとに“運命の恋”や“永遠に続く恋”などの言葉を信じなくなってきたりして。大人になると、恋愛以外にも大切なものや譲れないことができてくるものです。彼に好かれようとして彼好みの女性になろうと必死になっていたのはもう遠い昔の話。
今の恋愛で重要なのは、自分らしさを認め合えることに他なりません。

(4)記念日がさほど重要ではなくなる

「今日は付き合って3か月記念日だよ!」なんて連絡を取り合っていた頃もありましたが、今となっては気がつくと記念日が過ぎてしまっていたりすることもザラ。ちなみに筆者は、結婚記念日の存在をすっかり忘れ、「明日どうする? どこかでディナーでもする?」という夫からの提案で思い出した経験ありです。

(5)感情的にならなくなった

私たちは過去の経験から、「なんで私の気持ちをわかってくれないのよ!」と大泣きするだけではなんの解決にもならないことをよく知っています。そんなことに時間と体力を使うのは無駄! 感情をぶつける前に話し合いの場を設けたほうがよほど合理的。
大人の恋というのは、経験と計算で成り立っているのかもしれませんね。

あの頃の恋愛が少し恋しくなることも

あらためて若い頃の恋愛を思い出してみると「あんなことで悩んでいたなんて……」と自分でも笑ってしまうくらい、本当に些細なことで悩んでいたものです。子どもだったと思う反面、今となってはあの頃の情熱が懐かしく思えることさえあったりして。
しかし、どんなに望んでも昔に戻ることはできません。過去を懐かしむぶんには構いませんが、過去に囚われたままというのは少々いただけません。自分のスタイルに自信を持って、今ある恋を大切に。大人の恋愛を楽しんでいきましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子