この人とはやっていけなさそう…… 彼との結婚をやめた理由4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
ROI

Written by:

2020.09.05.Sat

結婚を前提にしたお付き合いでは、通常の恋愛よりも相手を見る目が厳しくなるもの。実際「この人と一生をともにする」と考えると、ちょっとした違和感にも敏感になってしまいますよね。場合によっては「この人とはやっていけなさそう……」と不安を感じ、彼との関係を考え直したくなることも。
今回は、彼との結婚をあきらめた経験のある女性たちに、その理由についてきいてみました。

重大な隠しごとをされていた

「収入のわりにいいところに住んでいたり、身につけているものがブランドものだったりと、羽振りのいい人だなとは思っていました。
ところがあることがきっかけで、そのお金は全て借金だったことが発覚……。私が気づかなければそのまま結婚するつもりだったのか……というショックと、経済観念がゆるい人との結婚生活に不安を抱き別れることに」(27歳/不動産)

▽ 結婚間近になり、隠しごとが発覚して婚約破棄! というパターンは少なくありません。隠しごとの内容よりも、大切なことを内緒にされていたことにより信頼できなくなってしまいそう。

安定性がゼロだった

「5年ほど付き合っていた彼は、いわゆる夢追い人でした。とにかく見た目が好みド真ん中で、『彼が成功するまで私が支えよう!』なんて意気込んでいた時もありましたが……。
冷静に考えると彼の夢が叶うとも限らないし……いろいろ疲れてしまって結婚をあきらめました」(29歳/サービス業)

▽ 夢を叶えようとがんばる男性は魅力的です。ただ、付き合う相手としてはよくても結婚となると……と踏みとどまる女性は多いよう。本気で「自分が大黒柱になる」と思えるくらいの覚悟がないと、なかなか難しいかもしれません。

生活の価値観が違った

「同棲生活をはじめ、生活の価値観が違うことに気づいたのが原因です。彼はお金は極力使わず、住む場所も安さ重視……といった感じでしたが、私は多少お金がかかってもいいから心地よく暮らしたいと思っていました。
性格や顔が好みでも、価値観が合わないと一緒に暮らすのは難しいですね」(26歳/保険)

▽ 同棲の時点で気になっているなら、結婚後はさらに我慢できなくなるでしょう。価値観がすべて一致することは少ないかと思いますが、とくに食やお金のことなど、生活に関する価値観はなるべく似た人がいいと思います。

重いマリッジブルーで

「彼と結婚の話をすすめる中で、かなり重いマリッジブルーになってしまいました。
その時は『こんなに不安になるのは結婚しないほうがいいってことなんだ』と納得して別れたのですが、新しい彼と婚約した今回も同じような状況になり『誰に対してもマリッジブルーになるなら、前の彼と結婚すればよかったのでは……』と後悔しています」(27歳/理容業)

▽ 相手に問題があるないに関わらず、マリッジブルーになりやすい女性はいるようです。結婚は勢いがないとできない、なんて言われることもあるように、あれこれ考えず「なにがあってもこの人とやっていく!」と覚悟できるかどうかがポイントになりそう。

結婚の約束をしていた相手と直前になって別れる、というのはそれほど珍しいことではありません。別れる時はつらいかもしれませんが、相手の方に明らかな問題があった場合は、結婚前に気付けてよかったと前向きにとらえることもできます。「なんだか違和感があるな」という時は結婚を焦らずに、時間をかけて考え直してみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

ROI

都内在住フリーライター。クラフトビールとハイボールが大好き。こじれ気味な独身生活を経て、何とか結婚にたどり着いたアラサーです。自身の経験をもとに、リアルな等身大の女子&男子の本音をお届けできればと思います!