どうすればベスト? 好きではない男子からの告白を上手に断わる方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠矢 晶子

Written by:

2020.08.22.Sat

好きではない男子からの告白を受けたとき、どうやってお断りをしたらいいのか悩んでしまったことはありませんか? どれだけ年齢を重ねても告白が勇気のいることだとわかっているからこそ、できる限り相手を傷つけず、かつ、潔く諦めてもらえるように上手にお断りをしたいですよね。
そこで今回は、「好きではない男子からの告白を上手に断る方法」をご紹介したいと思います。

1. できる限り早く断る

告白を断るうえで外せないポイントは「できる限り早く断ること」です。早ければ早いほどお互いシコリも残りづらいので、できれば告白を受けたその場でお断りをしたいところ。すぐに断ることができれば、あなたの言葉に嘘がないことを相手もわかってくれますし、相手にとっても「振られた傷」は浅くなります。
何より、断る時間を延ばせば延ばすほど、あなた自身が「振る理由」と「断るタイミング」に悩んでしまうはず。相手のためにも自分のためにも、受け入れられない告白はできる限り早く断りましょう。

2. 余計な嘘はつかない

相手に諦めてもらうためとはいえ、余計な嘘はつかないようにすることが大切です。たとえば、好きな人がいないにも関わらず「好きな人がいるから付き合えない」と言ったり、仕事が忙しくないにも関わらず「仕事が忙しくて付き合えない」と言ったり。
余計な嘘をついてしまえば、自分の首を絞めることになってしまいます。何より、嘘がバレてしまったときに相手を深く傷つけることになってしまうので、余計な嘘はつかないようにしてください。

3. 遠回しではなく、ハッキリと断る

相手を傷つけたくないとはいえ、遠回しに断ることはせずにハッキリと「NO」を伝えましょう。「今は恋愛をする気がなくて……」など曖昧に断ってしまうと、「恋愛する気になれるまで待つ」と言われてしまったり、「俺のことを好きになってもらえるように頑張る!」と、前向きに捉えられてしまう可能性も。
そうしてしまえば、相手との関係がズルズル続いてしまう恐れがあります。必要以上に相手を傷つけることはありませんが、ハッキリと「あなたと付き合うことはできない」と伝えてください。
そして最後には「ごめんなさい」という一言を添えましょう。相手を傷つけたくないからといって優しい言葉を使って答えを曖昧にすることは、相手のためにはなりません。

まとめ

いくつになっても告白を断るのは難しいものです。やんわりとお断りをしてしまっては相手に期待を持たせてしまうことになってしまいますし、きつい言い方をして相手を傷つけることもしたくないですよね。
告白を断わったあともできる限り今までと同じ関係を続けられるように、ベストな方法を選択してくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。