彼に合わせてばかりの恋愛に疲れたときの解決策4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2020.08.19.Wed

恋愛は基本的に楽しいものなのだけれど、ふとした瞬間に疲労感を覚えてしまうことも。とりわけ、自分のペースを乱されていると感じてしまったり、自分ばかりが譲って彼の都合に合わせていることに気づいたようなときが顕著かもしれませんね。
大好きな彼氏と過ごす時間は、本来ならば心満たされる時間であるはずなのに……。

彼と付き合うことで蓄積する不満

ケンカがたえない、彼の気持ちがどこにあるかわからない、自分の都合ばかりを優先させるところが許せない、話を聞いてもらえない。自分ばかりが我慢を重ねて彼に合わせることばかりが続くと、心がすっかり疲れきってしまいます。
不満が溜まりすぎると「こんなに疲れる相手と付き合っている意味ってあるのかな?」なんて思ってしまったり。ただ、不満はあれども別れたくないという場合もあるでしょう。そういうときには、彼との関係を修復する努力をしなければなりません。

彼に合わせて疲れたときには?

(1)疲れた原因を彼と共有する

彼はあなたが疲れていることに全く気づいていないかもしれないのです。それなのに、悩みをひとりで抱えこむメリットがいったいどこにあるというのでしょうか。それよりも彼に「もっとこうしてほしい」と伝えたほうがよほど建設的!
ふたりの関係をより良くするためにはもちろん我慢をすることも大切ですが、本心を伝えることも同じくらい大切だということです。

(2)彼に合わせることをやめる

彼のことが大好きだから、つい譲ってしまうという気持ちもよくわかります。でも、いつも譲ってばかりでは疲れてしまいますよね。それならいっそのこと彼に合わせることをやめてしまってはいかがでしょう?
あなたが譲ることが当たり前だと思っている彼の目を覚まさせるためにも、一度チャレンジしてみてください。

(3)見方を変える

我が強いタイプの彼なら「自分の意見をはっきり言えるところがステキ」とか、自分の話ばかりをしてくるような彼なら「自分のことをたくさん話してくれるから、私は信頼されているんだな」と変換してみてください。見方を変えること、ポジティブに捉えることもときには大切だということです。

(4)少し距離を置いて視野を広くもつ

彼のご機嫌を取ることを一旦やめてみるというのも、疲れきった心を癒やすためには有効だと思います。LINEや電話を少し控えてみるだけでストレスが軽減することも。彼との距離を置いている間に、なにかほかに夢中になれることを探してみるのも心の余裕に繋がりそうですね。

自分の気持ちを大切に!

長く付き合っていれば、疲労感に襲われたり不満が溜まったりすることはかなりの確率で起こり得ます。でも、そのときに自分の気持ちにフタをしてしまうのは得策ではありません。「私さえ我慢していればうまくいくんだ」という自己犠牲はNG。
それよりも彼に直してほしいところを伝えることを意識すること、自分の正直な気持ちを伝えることのほうが重要です。ただ、ケンカごしにならないよう、当然言葉や伝え方には気をつけなければなりませんが。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子