興味がなかったけれど…「彼と交際しよう」と思ったキッカケって?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2020.08.08.Sat

恋愛対象外だった彼からのアプローチや告白って戸惑いますよね。でも意外な彼との交際のほうが、自分でも驚くほど安定することもあります。人って何があるかわからないからこそ、トントン拍子で結婚までいくことも!
そこで今回は「あまり興味がない彼と『交際しよう』と思ったキッカケ」についてご紹介します。

1. 「結婚を前提に」と言われたから

「頻繁にLINEが来る男性がいたのですが、興味がないので既読スルーしていたんです。そしたらある日、彼から『結婚を前提に交際してほしい』と言われて。
結婚願望が強い私にとって、彼の言葉はすごく胸に響いた。遊びじゃなく、真剣交際なら付き合ってもいいんじゃないかって思ったんですよね」(30代/一般事務)

▽ 結婚を考える年齢になると、相手選びも慎重になります。どんなに好きでもチャラ男とは付き合いたくないですし、逆に興味のない相手でも彼の熱意が感じられたら、気持ちが傾く場合もあります。
傷付きたくないからと予防線を張るのではなく、好きな人には全力でぶつかるのが大事なのかもしれませんね。

2. 失恋直後だったから

「彼氏にフラれたあと、男友達がすごく優しくしてくれて。そのままなりゆきで交際したことがあります。元カレからは『男なら誰でもいいんだ』とキレられたし、結局数か月で破局しちゃったけれど、後悔はしていないですね」(20代/学生)

▽ 「妥協」「軽い」と言われればそれまでですが、弱っているときに優しくされたら好きになっちゃうかも。それにきっかけは何であれ、付き合ってみたら案外長く続くこともあります。
恋愛はタイミングが大事だからこそ、世間体ばかりを気にするのではなく、自分の気持ちと正直に向き合ってみましょう。

3. 信頼できる相手だったから

「職場の同僚から告白されたけれど、そういう風に思ったことがなかったので一度断ってしまったんです。でもよく考えたらルックスも悪くないし、仕事ではいつも助けてもらっているし、何より私自身が彼を信頼している。
冷静に考えてこんな男性なかなかいないので、付き合ってもいいんじゃないかって思ったんですよね」(20代/住宅)

▽ いままで彼を恋愛対象として見ていなかっただけで、実際は自分と相性がいい場合もあります。恋って盲目になったり、彼と目が合うだけでキュンキュン! なんてイメージがありますが、大人になったからこそ冷静にジャッジするのもアリかもしれませんね。

4. 新たな一面を見て

「年下男子からアプローチは受けていたんだけど、年上好きな私は正直子どもっぽく感じていたんだよね。でも彼のバンドを見に行ったら、イメージがガラッと変わった。ステージでは本当にカッコよくて、『本当にあの○○くん!?』って思いました。もうドキドキが止まりませんでしたね」(30代/広告)

▽ 彼の新たな一面を見て、そのギャップに心を掴まれることもあります。特に普段かわいい系男子の、スイッチが入る瞬間ってドキッとするもの。大人の色気が漂う姿を見たら、彼が頭から離れなくなりそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]