心当たりない? 男性を傷つけて恋愛を遠のけている一言とは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
紅緒

Written by:

2020.08.05.Wed

傷つくようなことを言われたときに、言われた側はいつまでも覚えていたりするものですが、言った側は覚えていなかったりするものですよね。もしかしたら、あなたの何気ない一言も相手を傷つけてしまっている可能性があるということです。
その結果、恋愛を遠のけてしまっているとしたら残念だと思いませんか? そこで今回は男性が傷つくNGワードをご紹介します。どんな言葉に傷ついているのかチェックしてみてくださいね。

女子力高くない?

最近では、あえて女子力を磨いている男性も少なくありません。本人にとっては、当たり前にやっていることを「女子力高いね」と指摘されたことによって傷ついたというケースもあります。
つまり男性にとっては必ずしも褒め言葉にはならないということです。他に言葉を選べば、相手の気分を悪くさせずに褒めることができるので“女子力が高い”とは、あえて使わないほうが良いかもしれません。

弟みたいな存在だよ

親近感を感じて言いたいことも言い合えるとか、母性をくすぐられるというニュアンスで言ったとしても、これは全くもって男性には伝わりません。弟=恋愛対象には入らない、と宣告されたような気持ちになってしまい、残念に感じてしまいます。
それならば、そのまま伝えたほうが良いですよね。また男性は“頼られたい”とか“男らしいところを褒められたい”と思うものなので、そういった褒め言葉を伝えてあげられると良いと思いますよ。

そんなこともできないの?

例え軽いニュアンスで言ったとしても、これは傷つくので気をつけたいNGワードです。ただでさえ出来なかったことに傷ついているので、追い打ちをかけるように言われると、かなり落ち込んでしまいます。
例え、そう思ったとしても『誰にでもあるよ』とか『今度、一緒にやってみようよ』とか必要なのは優しいそういう言葉で、彼のモチベーションが上がるようにフォローしてあげたいですね。

なんか個性的だね

ファッションを見て『なんか…個性的だよね』と言われると、上から下まで全否定されたような気になって、自信を無くしてしまいます。その個性を自分の売りとしている人は別として、どちらとも言えない感じであれば、余計なことは言わないほうが良いでしょう。

いかがでしたか?

ポロっと言ってしまった経験はありませんでしたか? 女性にとって大して深い意味のない言葉であっても、男性は想像以上に傷ついてしまう言葉があるので、余計な一言を口にしてしまわない様に気をつけましょう。口は災いの元です。ステキな出会いが遠のかないように、気をつけたいですね。

記事を書いたのはこの人

Written by

紅緒

恋愛至上主義 美しいもの 美味しいもの ワインが好き。