正直「イタイな…」と思ってしまうアラサー男子の特徴4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠矢 晶子

Written by:

2020.08.01.Sat

アラサー男子は、仕事だけでなく私生活の言動も大人としての魅力が最高に増す時期! なのですが、年齢に言動や精神が追いついていない場合、見た目は大人で中身が子どものまま……という状態になっていることも。
「大人の男性」の仲間入りするはずのアラサー男子だからこそ、残念な言動を見るとガッカリしてしまいますよね。そこで今回は、女子が正直「イタイな……」と思ってしまう、アラサー男子の特徴をご紹介したいと思います。

年下に偉そうに説教

「年下に説教するアラサー男子を見ると引く。『おまえは何もわかってないんだよ』とか『まだまだガキだな』など、偉そうにしている姿は『ダサい』の一言。むしろそれを黙って聞いている年下くんのほうが大人に見えてしまいます」(30代/webデザイナー)

▽ 社会経験がほんの少し長いからといって年下に偉ぶるアラサー男子は、ちょっとイタイですよね。大人としての余裕をまだ持つことのできていないアラサー男子の魅力は、やはり半減してしまうもの。

飲みの場ではしゃぐ

「飲みの場で大きな声でしゃべったり、下ネタを言ったり、店員さんにつまらないジョークを言ったりするのはありえない。アラサーにもなってノリが若すぎるのは見ていてイタイ!」(20代/企画)

▽ いくらお酒が入っているといえ、アラサーにもなったのなら理性を持ちつつ、お酒を楽しんでほしいもの。普段のストレスを発散したい気持ちはわかりますが、周囲への気配りや雰囲気を乱さないように気を配るのは大人として欠かさない振る舞いです。

彼女をすぐに変える

「アラサーになっても、1人の彼女と続かずにすぐに彼女を変える男はありえない。そのうえ、『俺ってモテるから』と勘違いしている男は本当に痛々しい」(30代/歯科助手)

▽ 「1人の人と長く付き合うよりもたくさんの人と付き合ったほうが格好いい」と思う考えは、アラサーになったら捨てるべきですよね。女子からすれば、1人の人を大切にできない男に魅力は感じません!

若さを引きずったファッション

「アラサーになって髪の毛の色がピンクや青などの派手な色に髪の毛を染めていたり、やけにゆったりとした服orやけにピッタリしている服を着ていたりする男子はちょっと苦手。若い頃の自分を引きずっている感じがしてちょっとイタイ……」(20代/経理)

▽ 言動だけではなくセンスも「大人としての落ち着き」を求める女子にとっては、若さを残したアラサー男子のセンスは受け付けがたいものがあるかもしれません。若さを意識するよりも、年齢にあったおしゃれをすることが大切ですよね。

まとめ

いかがでしたか? 若さ溢れる男子よりも、落ち着きをもった大人のアラサー男子に魅力を感じる女子は多いものです。男子のみなさまは「男として1番いい時期」といっても過言ではないアラサー時代をぜひ満喫してくださいね。
女子たちに「イタイアラサー男子」に認定されないよう、充分気をつけてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。