共感の嵐!? 女性に聞いた「婚活の悩み」あるある5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2020.07.23.Thu

ある程度の期間婚活を続けていると、みんな似たような悩みに遭遇するもの。スムーズに婚活が進む人もいるかもしれませんが、一筋縄ではいかないのが婚活です。そもそも、一生の伴侶を探す作業が、そんなとんとん拍子に進むわけがありません。
ここではそんな、婚活中の悩みあるあるを聞いてみました。

「ほかにいい人がいるかも」と思う

「気になる人とデートをしても、ちょっとだけ自分のタイプじゃなかったり予想外の行動をされたりすると『ほかにももっといい人がいるかも』って思っちゃうのって婚活あるあるだよねって友達と話していた。出会いが多い分、付き合う相手を決めるのが難しい」(20代/IT)

▽ もっとも多かったのが、気になる人とデートをしても「ほかにもっといい人がいるかも」と思ってしまうという意見でした。
最近ではマッチングアプリなどで出会いの数も増え、そのぶん将来の伴侶候補も星の数ほどいるような気持ちになってしまいます。目の前にいる気になる人よりもまだ出会っていない「条件のいい人」が気になり、なかなかひとりの相手と向き合えない女性も多いようです。

デートが仕事になっていく

「あまりにも多くの人とデートのアポイントを入れているから、休日も休む暇がなくて心身ともに疲労感マックス。だんだんデートが仕事のように思えてきて、義務のように婚活をしている。全然楽しくないし、早くここから抜け出したいって毎日のように思っているよ」(30代/看護師)

▽ デートの予定が入りすぎるがゆえに、デートが義務化、仕事化していくという声も。たしかに、会ったことがない人と食事をするのは気疲れしてしまうもの。まるで接待の仕事のように感じてしまう気持ちもわかります。

「やめようかな」と思う時期がくる

「婚活を始めて3年、途中で2回くらい婚活をやめようかなって思う時期があった。半年は婚活を休んでいたから、実質婚活をしている期間は2年くらいかな。知らない人と会うのがしんどいし、時間もお金も使うから婚活疲れを起こす」(30代/IT)

▽ 婚活疲れをし、途中でやめようかなと思う瞬間が訪れるという声もありました。たしかに、婚活を続けていると「何のためにやっているんだろう」とか「こんなことまでする必要ある?」とうんざりしてしまうこともありそうです。

「もっと早く始めればよかった」と後悔

「楽しくてがむしゃらに仕事をやっていたら30代に。周りが結婚したり子どもを産んだりと落ち着いているのを見て婚活を始めたけど……。明らかに20代の頃とは需要が違って、もっと早くから始めればよかったなと後悔。過ぎた時間は戻せないんだけどね」(30代/コンサル)

▽ 婚活を始めるなら、もっと早いうちにしておけばよかったと後悔する人もいました。過ぎた時間は取り戻せないもの。今からできることを前向きに考えていきたいですね。

「結婚相談所に行けばいいや」と思う

「マッチングアプリで出会ったり友達に紹介してもらったりして婚活をしているけれど、あんまりいい人に出会えない。ただ、最終的には結婚相談所に行けば誰かしらと結婚できるでしょと思っている自分がいる」(30代/公務員)

▽ 婚活をしている人たちは、こぞって「最後は結婚相談所がある」と希望を持っているようでした。実際に結婚相談所に行ったからといって結婚できるわけでもないのが現実です。

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko