これは危険! 仕事はできても交際はおススメしない「自分本位」な男性

2020.07.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

仕事ができる男性って無条件でカッコよく見えますよね。でも実は優しさに欠けていたり、モテたがりの男性もチラホラいるものです。そこで今回は「交際はおススメしない『自分本位』な男性の特徴」についてご紹介します。

1. イジリの度が越えている

「最初は軽いイジリだったので、私も『やめてくださいよ~!』と笑っていたんです。でもだんだん調子に乗ってしまったのか『ブス』『バカ』など発言がヒートアップ。私もさすがに耐え切れなくなり、連絡を取るのをやめました」(20代/受付)

▽ コミュニケーションの一環として、ときにはイジられることもあるでしょう。でも傷つくことをバンバン言う男性は、物の分別がつかないタイプ。それでいて自分が少しでもイジられるのはイヤ……というのなら、これから先も仲良くしていくのは厳しいかも。
たとえ仕事ができても、プライドが高すぎてあなたが気を使うだけですよ。

2. 人間関係でも損得を重視

「イケメンで仕事もできる先輩からデートに誘われた。でも食事中ずっと『うちの上司ってマジ使えないよね』とか『最近業界人と仲良くなってさ~』など、損得話ばかりだった。挙句に帰宅後、『俺のインスタ、フォローしといてね』と言われてドン引き。結局は私も利用されただけでした」(20代/一般事務)

▽ 仕事では効率を考えるのは当然のことでしょう。でも人間関係まで損得を持ちだすのは、計算高い印象ですよね。
ある意味要領がよくて論理的なのかもしれませんが、「私も使えない女って思われているのかな……」と怖くなります。誰にでも平等な男性のほうが、器は大きいですよ。

3. アドバイスが押しつけ

「私が仕事の話をしても『早く転職したほうがいい』『俺が新しい職場を探してきてやるから』など、押しつけがましかった元カレ。しかも言う通りにしないと不機嫌になるんです。彼の言い分もわかるけれど、私にも事情があるし……。扱いがかなり難しかったですね」(30代/教育)

▽ いい方向に導いてくれるのはありがたいですが、無理強いされるのは困るもの。こちらの意見も聞きつつ、今後について“一緒に”考えてくれたら愛を感じるんですけどね。

4. 手当たり次第、女性を口説いている

「大手に勤めるAさんとデート。お店の雰囲気もいいし、楽しいひとときを過ごせたのですが、実は手当たり次第女性を口説いていたみたいで。たしかに思い返してみると『モテるために勉強を頑張った』とか『彼女って存在は数年いない』など、引っかかるところはいくつかあったんだよね」(20代/デザイン関係)

▽ いくらハイスペックだろうと、女グセが悪い男性はアウトですよね。自分の欲を満たすことしか考えていないので、彼と結婚しても苦労するのは目に見えています。お金には困らないかもしれませんが、心はすり減っていくだけかも……。

2020.07.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介