既婚女性に聞いた「結婚してから気づいたこと」4つ

2020.07.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

結婚して幸せな家庭を築くつもりでもなかなか思い通りにはいかないものです。大好きな彼だったけど、いざ結婚してみたらいろいろと残念な姿が見えてくることもあるでしょう。でもそれが結婚そのものなのかもしれません。
今回は既婚女性に聞いた「結婚して気づいたこと」をご紹介します!

女性たちが結婚して気づいたこと

新婚気分は長く続かない

1年以上かけて結婚式の準備をするカップルも珍しくありません。準備中は一生に一度の晴れの日をどんなふうに迎えるかドキドキワクワクが高まってハイテンションだったはず。でもそんな大舞台を終えてみると淡々とした日常生活に戻り、お祭り気分はもうありません。
そうなるとふと空虚な気分に襲われることもあるのです。結婚式やハネムーンに向ける期待が大きかったほど、リアルな結婚生活とのギャップを感じるでしょう。

話しづらいことも話し合わないといけない

恋人時代はお互いもっと自由で、話したいことを話していればいいだけでした。でも結婚するとそうもいきません。お金のやりくり、子ども、相手家族との付き合いなど、話しづらいこともしっかりと話し合わなければならなくなります。
ここでうまく話し合いができればいいのですが、夫とうまくコミュニケーションをとれないと大きなストレスに。なかには結婚したとたん夫の性格や態度が豹変したなんて話もあり、大きな落とし穴です。

ストレスを感じることが多い

好きな人と一緒に暮らすというのは、そう甘いことばかりではありません。夫が全く家事をしない、相手への気遣いがまるでなくなるなど本当の姿が見えてくるのです。
毎日夫の脱ぎ散らかしたソックスを拾い集める、何度注意してもトイレの便座を上げっぱなしのままにするなど、ささいなことですが無視できるものではありません。一緒に暮らしていると、日々のストレスが無限に続くのだと気づきます。

本音を言わないことも時には必要

「夫婦で隠し事なんてもってのほか。なんでも話し合える間柄でなくては」とかつては思っていたことでしょう。でも夫婦というもっとも近しい関係だからこそ、あえて本音を全て伝える必要はないと気づくのです。
100%本音を言えば夫のプライドを傷つけるかもしれないし、夫が全くウソをついていないというのも非現実的な感じがします。夫婦円満に過ごすためには、本音をむき出しにしないほうが得策な時もあると悟るのです。

まとめ

いくら離婚率が高くなったとはいえ、結婚したからにはそう簡単にあきらめるわけにはいきません。結婚前には予想しなかった現実が見えてきても、それを夫婦で乗り越えていくしかないのです。
そのためには本音は本音として、夫と協力していくのがベストでしょう。せっかく結婚した相手との生活を大切にしたいとお互いに思っているはずですから。そんな日々のなかで自分たちなりの結婚生活を築いていくものなのです!

▽ 参考記事(海外サイト):The Woman's Guide To Marriage: 35 Brutal Truisms About Being A Wife

2020.07.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介