遠距離恋愛中に「もう終わりだな」と思う瞬間4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2020.07.15.Wed

遠距離恋愛中の会えない時間こそが愛を育てる。そんなふうに遠距離恋愛に対してポジティブにとらえられる時期がある一方で、うまくいかないとやっぱり距離のせいにしてしまうこともありますよね。
周りから「寂しくないの?」「今後一緒に暮らす予定はあるの?」なんて聞かれるたびに、落ち込んだり傷ついたりもするものです。ここではそんな遠距離恋愛中に「もう終わりだな」と思う瞬間を聞いてみました。

遠距離恋愛で「終わりだな」と思う瞬間

1. 身近に気になる人ができたとき

「高校のときから付き合って5年の彼がいる。会えるのは2か月に1回くらいで、毎日連絡しているけどやっぱり足りない。
最近、バイト先の先輩にアプローチを受けて、正直ちょっといいなって思っちゃった。やっぱり身近にいる人には敵わないのかな……って思えてきた」(20代/学生)

▽ 遠くにいてなかなか会えない彼よりも、近くにいて励ましたり、楽しませたりしてくれる男性のほうが魅力的に感じてしまったときに「もう終わりだな」と感じるそうです。会いたいときに会えるというのはシンプルですが大事なことですよね。

2. お互いに予定を合わせる努力をしなくなったとき

「お互いに仕事が忙しくてなかなか休みを合わせにくいんだけど、それでも遠距離恋愛を始めた頃はがんばって会う努力はしていた。
でもそこから3年たって、会えないことが普通になってくると、今度はお互いに予定を合わせる努力をしなくなって……。会うよりも友達との予定を優先させたいなとか思った時点で、もう終わりなのかもなって」(20代/コンサル)

▽ 会えないからこそ、会う努力をする必要がある遠距離恋愛。けれど、お互いに恋愛モードでなくなると予定を合わせる努力もしなくなってくるのだとか。「会えなくても大丈夫」という我慢から、「会えなくてもいいや」に変わったときに、「もう終わりだな」と思うのかもしれません。

3. 会いに行くための費用が惜しくなったとき

「距離があるから、会いにいくのだけでも旅行するくらいにお金がかかる。でも、会えるときのためにバイトしてがんばって稼ごうって思っていたけど、最近は会うとこれくらいまたお金がかかるのかーってどんよりした気持ちになる。たぶん、彼女も同じだろうな。
お金の切れ目が縁の切れ目っていったら身もふたもないけど……。」(20代/学生)

▽ 遠距離恋愛は会うためだけでも、ずいぶんとお金がかかります。「会いたいから」という理由でお金をがんばって貯めるものの、その額が惜しくなったり「会わなかったらこのお金を自由に使えるのに」なんて思ってしまったそう。お金の切れ目が縁の切れ目なのかもしれません。

4. 連絡をとるのが義務に感じたとき

「なかなか会えないぶん、毎日電話しようって決めたんだけど、最近はその連絡をとることに義務感。仕事から疲れて帰ってきたのにわざわざ時間をつくって電話をして、話す内容もあんまりなくて。ちょっと面倒くさいなって思っているし、そんな楽しくも思えなくなってきちゃった」(20代/IT)

▽ 連絡をとるのが、好きだからではなく義務になってしまったときに「もう終わりだな」と思ったそう。連絡をする時間までうずうず、声を聞くだけでウキウキしていた気持ちを取り戻すのは難しいのかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko