意外かも?「これをしたら同棲生活がラクになりました」エピソード

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2020.07.11.Sat

結婚も視野に入れて開始した同棲生活。だけど思ったより不満が溜まり「彼との相性悪いんじゃないの?」と悩んでしまうこともあるでしょう。でもひとつ変化を入れるだけで、お互いに快適な毎日が送れることもあります。
そこで今回は「これをしたら同棲がラクになったエピソード」についてご紹介します。

夕飯は各自で食べる

「基本夕飯は私が作っていたのですが、彼が遅く帰ってきて食べなかったり、好みが合わないことがでてきて。それでいっそのこと『夕飯は各自で準備しよう』ってなったんです。そしたら同棲生活がすごいラクになって!
大好きな魚や野菜も食べられるし、サクッとお茶づけで済ませる日もあるし。そのかわり彼と一緒に外食するのが、デートの定番になっています」(30代/接客)

▽ 食事は毎日のことなので、食べる時間帯や好みが合わないとストレスになりますよね。ただ必ずしも同じものを一緒に食べる必要はありません。特に生活リズムが違うのであれば、夕飯を別々なのもアリかもしれませんね。

ムリに休みを合わせない

「お互いシフト制なので、最初のうちは休みを合わせていました。だけど休日にやりたいこともあるし、ムリに一緒にいる必要もないのかなって。それで自分の好きな日をオフにしたら、気持ちが軽くなりました」(30代/サービス業)

▽ 仕事から帰れば彼に会えるからこそ、同棲前のように休日を合わせてデートする必要もないのかも? 自分時間を優先させたほうが、のびのび過ごせそうです。

役割分担をしない

「最初は家事やゴミ出し、掃除など、ふたりで役割分担を決めていました。だけど彼が手を抜いたりすると『次やる私が大変になるじゃん』とイラっとしちゃって……。それで試しに当番制を廃止したんです。そしたら案外うまくいって。
私たちにはこっちのほうが合っていたのかも」(20代/IT)

▽ 役割分担を決めたほうが、お互いの仕事をキッチリこなせるカップルもいるでしょう。でも逆に関係がギスギスするようなら、ルールは決めないほうがいいのかも。「気付いたほうがやる」にしたほうが、「掃除してくれてありがとう!」と感謝の気持ちが生まれるかもしれません。

とことん一緒にいる

「彼から同棲を提案されOKしたものの、ひとり暮らし歴8年の私は正直一緒にいるのが苦痛で。『逃げ出したい』って思ったこともありました。でもそれをグッとこらえて1週間、1か月、半年……と一緒に住んでみたら、同棲が楽しくなった。住めば都じゃないけれど、慣れれば意外といけるなって思いましたね」(30代/教育)

▽ 最後は何をしたわけじゃないけれど、とりあえず同棲を続けたとの意見。同棲はワクワクする一方で、慣れない環境や彼に気を使う場面も多いものです。でも逃げずに一緒にいることで、お互いの生活が確立されていくのかもしれませんね。

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]