好きだったはずなのに…結婚前と結婚後に感じたギャップ

2020.06.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

好きで仕方がなくて結婚したのに、結婚生活が続いて冷静になってみると「え?」と感じることや、「なんか違う」と気づいたことがある人も少なくないはず。
恋愛の熱に浮かされているときは冷静に物事を判断できなかった場合も、結婚してしばらくたつと現実に気づき「なんか嫌」と感じることもあるものです。ここではそんな、結婚前と結婚後に感じたギャップを聞いてみました。

よく食べるところが可愛くて好きだった

「結婚前に夫と付き合っているときは、よく食べる夫のことが大好きで、おかわりをしているところが可愛くて好きだった。でも結婚して子どもが産まれて育児が大変な状態になると、よく食べておかわりまでする夫に対してイラッとする。明らかに食べすぎだし、作っているのが当たり前だと思われるのも釈然としない」(30代/看護師)

▽ 好きな人が食べている姿が好きだったのに、冷静になると食べる量が多すぎてイラついたり、作ることが当たり前になりすぎて不快に感じるようになったという人も。「おいしい」という言葉と笑顔があったから頑張れたことですよね。

好きな人のお世話が好きだと思っていた

「独身の頃は、自分は尽くすタイプで好きな人のお世話ができる結婚生活は最高って思っていたけど、実際に結婚して家事をしてみると思っていた以上に大変で正直もうやりたくない。洗濯も料理も掃除も毎日のことだし、たいして感謝もされないし、こまごまとした家事をやっていたら1日が一瞬で終わる」(20代/介護士)

▽ 好きな人に尽くしまくりたいと思っていたものの、実際に結婚すると家事が想像以上に大変で、面倒な作業の連続でギャップが大きかったという声も。真剣に家事をしようとすると、それだけで1日があっという間に終わってしまうものです。

ミステリアスだと思っていた

「結婚する前は、無口で何を考えているのかわからないミステリアスな部分に惹かれていたけど、それから結婚して一緒に生活をしていくうちに気づいた。これってミステリアスなんじゃなくて、ただ何も考えていない人だったんだなって。そう思ったら一気に退屈に思えてきた」(30代/IT)

▽ 無口でミステリアスなところがかっこいいと思っていたのに、結婚して恋の魔法がとけると、ミステリアスなのではなくただの「何も考えていない人」だったと気づいたという声もありました。恋はすごいですね。

押されて結婚したけど

「正直全然タイプじゃない相手だったけど、押されてその勢いで結婚して3年。気づいたら自分のほうが相手のことを好きになっていていい意味でギャップがある。でも彼のほうは安心したのか昔ほど私に夢中になってくれてはいない……。」(20代/広告代理店)

▽ 押しに負けて付き合い、結婚したものの気づけば相手のことをかなり好きになっていたというステキなギャップもあるようです。そう思える相手と結婚できたのは幸せですよね。

2020.06.23

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

みぬい

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介