幸せになりたいから。恋を手放そうと決意した瞬間4つ

2020.06.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

彼氏がいないフリーの友人には「彼氏がいてうらやましい~!」と言われるけれど……。実際は、彼氏がいるからこそ出てくる問題も多いですよね。「こんなことなら、別れたほうが幸せなのでは?」と思うことも。
そこで今回は、恋を手放そうと決意した瞬間をご紹介します。あなたは幸せな恋、していますか?

恋を手放そうと決意した瞬間

1. 自分を被害者だと思ったとき

パートナーは対等な関係であるべきですが、いつの間にか自分が被害者のような気分になってしまうことがあります。そこで話し合うことができれば、ただの思い込みだったことに気付けるかもしれません。しかし、彼氏に気持ちをぶつけても聞く耳を持ってくれないようでは、その恋に未来はないでしょう。
ずっと憧れていた人と一緒に居られるだけで幸せ。本当にそうでしょうか? いつも自分だけが我慢して、それでも平気な顔して笑って……。それはお付き合いしていると言えるのでしょうか? 彼氏との別れの原因を聞いたときに「私が被害者のように思えて、自分がかわいそうになったから」と答える女性は少なくありません。

2. 泣く回数が増えた

良い恋をすると、笑う回数が増えます。反対に、悲しい恋をすると泣く回数が増えるのです。恋をしていると、感情が溢れて涙が出てくることもありますが、毎日涙がこぼれてしまうのはやっぱりツラいですよね……。
今日もまた、ひとりで膝を抱えて涙を拭っている女性たち。もう少し視野を広げてみると、明るくて優しい世界が待っているかもしれません。泣く回数を減らすにはどうするべきか……。ゆったりお風呂に浸かりながら、考えてみませんか?

3. 友達をうらやましいと思うことが増えた

友達の彼氏みたいなステキな人が、私の彼氏だったらいいのに……。そんなふうに思うことが増え、そろそろ恋を手放そうと思ったと話す女性もいます。また、フリーの友達の人生を謳歌する姿に感化され、本当にこのままでいいのかと不安になる女性も多いですよね。
どんな生き方にもステキなところはありますし、こんなはずではなかったと悔やむポイントもあるでしょう。彼氏との別れを決意するのは簡単なことではありませんが、執着していた恋を手放したら、次々と幸せが舞い込むこともあるのです。

4. 第三者から見た自分の印象を聞いたとき

職場の同僚に「最近、疲れていない?」と心配されたり、習い事の講師に「もっと自分を主張してもいいのよ」とアドバイスされたり……。いつでも元気で、主張がはっきりしている自分が好きだったのに……。
第三者から見た自分は、ステキな女性でありたいですよね。しかし、彼氏との関係がうまくいっていないと、あなたの魅力は半減……。修復不可能な関係なら、手放すことも視野に入れてみてもいいのかもしれません。

行動することを怖がらないで

幸せになるには、環境を変える必要があるかもしれません。それには抵抗を感じるかもしれませんが、幸せを掴むために行動することを怖がらないで。
彼氏との関係に悩んでいる女性は、いつでも自分の幸せを優先するべきなのです。

2020.06.20

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 奥平 望

コラムニスト、webライター。91年生まれ。 東京にてタレント活動後、4歳から続けるダンスを ベースにさまざまなショーに出演。甘いものと、 愛犬くるるをこよなく愛する。 過去に10kgのダイエット経験あり。

もぐパン粉

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介