魅力的に見えたとしても…付き合うのは要注意な男3選

2020.06.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

どれだけ魅力的に見える人でも、実際に付き合ってみると「こんな人だとは思っていなかった……」とガッカリしてしまうことがあります。「魅力的に見える人」と「付き合って幸せになれる人」はまったく別の人なんですよね。だからこそ、付き合ったら危険かもしれないと思う男には、できる限り近づかないようにすることも大切です。
そこで今回は「付き合うのは要注意な男」をご紹介したいと思います。

1. 自信たっぷりの男

自分に自信がある男は、人の意見を聞き入れない場合があるので付き合うときには注意が必要です。
自信があるということはもちろん努力家であり、その努力を結果に結びつけたという実績があるからこそなのですが、そのなかで「自分は正しい」という意思を強固なものにしている可能性があります。「人の言うことには耳を傾ける必要はない」と思い込んでしまったり、「おまえは俺の言うことを聞いていればいいんだ」と、相手に対して威圧的になってしまうことも。
自信たっぷりの男と付き合おうか迷ったときは、「人の話を聞き入れることができるかどうか」を併せてチェックしてみてくださいね。

2. 影のある男

団体の中でひとり隅っこに立っていたり、みんなが笑っていてもひとりだけ無表情だったり、影のある男になんだか惹かれてしまう……という女子は多いはず。ですが、付き合うのであれば要注意。
女子は恋愛をするとどうしても思考が自分よりになってしまうため、「影のある男が私にだけ笑顔を見せてくれる姿」を妄想してしまうことがありますが、それほど簡単な話ではありません。もしかしたら大きなトラウマを抱えていたり、思考が非常にネガティブだったり、ただ単に協調性がないだけという場合もあります。
自分に都合のいい妄想の中で理想の姿を描きすぎないように、気をつけてください。

3. ツンデレ男

ツンデレ、いわゆる「基本冷たい態度を取るけど、ときどき優しくなる男」は、いつの時代も女子にとって魅力的に映りますが、いざ付き合ってみると苦労する場合も。
ツンデレ男子は自分自身の感情を素直に表現してくれないため、何を考えているのかわかりません。そのうえ基本的な態度が冷たいので、付き合っていくなかで不安に陥ってしまうこともあります。特に、常に彼氏に甘えていたいと思う女子にとっては、不満に感じてしまうことも。
付き合う前は魅力的に見えていた部分も、実際に付き合うとマイナスに変化する場合もあることを忘れないようにしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか? 人間は表裏一体。強く輝いて見える魅力的な人には、何かしらのマイナスが潜んでいる場合もあります。
もちろん、どんな人にも「いい部分」と「悪い部分」がありますが、その振り幅が大きければ大きいほど、付き合うと苦労することもあります。だからこそ長く付き合うことを視野に入れ、相手選びは重要です。

2020.06.16

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介