プライドが邪魔をする!? 年下男子と付き合っている女子の悩み5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠矢 晶子

Written by:

2020.06.09.Tue

恋愛に年齢差は関係ないとはいえ、年下男子と付き合っている女子には、年上ならではのちょっとした悩みがあるものです。普段は気にならないことでも、ふとした瞬間に「年上としてのプライド」が顔を覗かせ、彼氏の言葉を拒絶してしまったり、素直に自分の気持ちが話せなかったり……。
そこで今回は、「年下男子と付き合っている女子の悩み」をご紹介したいと思います。

1. 金欠と言えない

「お金がなくてデートを断わりたいとき、年上としてのプライドが邪魔をして、素直に『金欠で……』と言えない」(20代/幼稚園教諭)

▽ 年上だからといってお金を持っているというわけではないのですが、年下の前で「お金を持っているフリ」をしてしまう年上彼女は多いのではないでしょうか。しかし、見栄を張り続けると苦しくなってしまうので、素直に「お金がない」という勇気も大切。

2. 弱みを見せられない

「付き合うときに、彼から『年上だからって強がらないでね』と言われたものの、やっぱり弱みを見せたくないと思う。ずっと運動部だったからか、『年下の前で弱さを見せてはいけない』という考えが染みついているのかもしれません」(20代/美容師)

▽ 弱みを見せづらい気持ちはわかりますが、弱みを全く見せないと、いつか必ず年下彼氏が不満に思ってしまうはず。年齢は気にせず、素直に彼氏に頼ってくださいね。

3. 外見に手を抜けない

「『綺麗な年上の人と付き合っている』と彼に思われたいから、外見には手を抜けません。普段から極力スッピンは見せないようにしているし、旅行へ行っても先に起きて化粧をしたり、寝る直前まで化粧のまま」(30代/派遣)

▽ 彼氏の周囲にいる女友達と比べて「年をとっていると思われたくない」と思う気持ちは年上彼女であれば誰しもが1度は抱いたことがあるはず。しかし、あまり気張りすぎてしまうと彼氏も疲れてしまいます。誰かと比べる必要はありません。

4. アドバイスが素直に聞けない

「私の仕事に対して彼がアドバイスをしてくれることがあるけど、正直、素直にアドバイスを聞けない。心のどこかで『年下のくせに……』と思ってしまう自分がいます」(20代/営業)

▽ 仕事ができる・できないに関して、年齢は関係ないとわかっていても、プライドが邪魔をして素直にアドバイスを聞き入れることのできない年上彼女は多いはず。付き合う期間が長くなれば恐らくプライドもなくなるので、それまでの間は上手に聞き流すことも必要です。

5. ときどき疲れる

「彼が年上の女に対しての憧れを抱いていることわかっているので、理想像を崩さないように頑張りすぎて、ときどき疲れます。なかなか『素』を見せられない」(30代/医療事務)

▽ 理想像を壊さないよう努力したとしても、無理をしすぎれば2人の関係は長く続かなくなってしまいます。少しずつでいいので、自分の「素」を見せていってください。彼氏はきっと「どんなあなたも好き」と言ってくれるはずです。

まとめ

いかがでしたか? ふとした瞬間に気になる年の差。しかし、お付き合いが長くなっていけば「年下だから」「年上だから」という感覚はなくなっていくものです。
今悩んでいることにあまり目を向けず、「今はまだ仕方ない」と前向きに受け止めてしまうのが1番。ときどき邪魔してくる年上としてのプライドも、いつか必ず消えます。あまり心配しないでくださいね。

記事を書いたのはこの人

Written by

遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。