その「甘やかし」は危険かも! 彼をダメ男にするNG言動3つ

2020.06.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

好きなひとに「なるべくハッピーでいてもらいたい」と思うのは当然の心理。そのため「彼が幸せだと感じることならどんなことでもしてあげたいの!」と、つい尽くしすぎてしまう女性もいるのではないかと思います。
しかし、中には彼をどんどんダメ男にしてしまう「やってはいけない甘やかし」というのも存在するようなのです。

やってはいけない甘やかしとは…?

「なぜかお付き合いをする男性がみんなダメ男になっていく……」と嘆く女性たちに話を聞き、そこからいくつかの共通点を探り出してみました。

(1)金銭の貸し借り

好きなひとが困っていたら、自分にできることならしてあげたい、できる範囲で手を貸してあげたいと思うのは当たり前。しかし、それでもお金のことはシビアにならなければなりません。
「彼もちゃんと返すって言っているし一回くらいなら大丈夫だよね」という油断が、彼との関係に亀裂を入れる原因となり得ることだってあるのです。

(2)彼の身のまわりの世話

「してもらって当たり前」の環境を作り上げることでこちらが得られるメリットはひとつもありません。また、良かれと思ってしていたことが、彼からしたら「余計なお世話だよ!」と感じることだった……なんていうような場合もあります。
さらに、関係が悪化した際には「あんなにいろいろやってあげたのに!」「それはお前が好きでやったことだろ? 俺が頼んだわけじゃない!」などと不毛な言い合いが勃発する可能性も。

(3)最終的には「いいよ」と許す

どんなにひどいことをされても、最終的には「仕方ないわね。今回だけは許すね」などと許してしまうのはNG! このままでは「一悶着あるかもしれないけど、なにをしても最終的には許してもらえる」と彼をつけ上がらせるだけです。
筆者も、デートの待ち合わせに6時間も遅刻されて熱中症になったにもかかわらず「もう二度としない。反省している」と言われて許してしまったことがあります。
しかし、その後また似たようなことが頻発したため理由を聞いたところ「君なら許してくれると思って。甘えちゃってるのかな? ごめんね~」と笑顔で言われました。はい、今ならはっきり言えます。当時の対応は甘すぎたんです。

リスペクトしあえる関係が理想

もしも彼のワガママが炸裂してその希望を叶えてあげたいと思うときには、「これは本当に彼のためにしていることかな?」と自問自答してみるのがおすすめ。
「彼に嫌われたくないから」というような理由でワガママを聞いてあげているなら、それは今すぐやめたほうが身のためです。それに甘やかすことは彼のためにもなりませんしね。誠実で堅実な関係を築き上げることを心がけましょう。

2020.06.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。 考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、 「Don’t think. Feel!」ってことで! Twitter @ohana2425  写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介