二度と浮気しない! 男が誓った「浮気がバレたときのリアクション」

2020.06.05

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

浮気は一生治らない病にたとえられることがあります。浮気する男性というのはなかなか変わるものではないということですが、そんな彼らも「もう二度と浮気はしない」と感じることがあるのです。
今回は3人の浮気経験がある男性に、「もう浮気はしない」と思った彼女のリアクションについて聞いてみました。

怒ることも責められることもなかった

「今の彼女は浮気が発覚したとき、初めて怒らなかった。歴代の彼女は怒りをぶつけてきたし、部屋から追い出されたり、殴られたり、モノを投げられたりしたけど、そういうのは一切なく『そう』とだけ言われた。
そのリアクションに戸惑っていると、『私と別れたい?』と聞かれた。なんだかその一言に気圧された。『別れたくない』って答える自分に矛盾を感じて、『なんで別れたくないのに浮気したんだろう』って自分で思った」(27歳/自動車)

▽ 彼女のあまりにシンプルな問いかけで、自問自答してしまったようです。別れたくないと思っているはずなのに浮気したという自分の過ちに自分で気付けると、人間って変わりますよね。

浮気した理由を細かく事情聴取された

「浮気がバレたときに、彼女に細かく事情聴取された。怒るわけでもなく責めることもなく『すべて正直に答えて』と言われて、『その子のどういう言葉にぐっときたの?』『なんて言ってホテルに誘ったの?』『ホテルに入って何を考えた?』『私のことは思い出さなかった?』など…。彼女と一緒に、冷静に自分の行動を振り返って、なんだか自分って愚かだなって思った」(26歳/金融)

▽ こちらも、怒らないし責めないというのがポイントですね。カレと一緒に過ちを振り返ってあげるなんてよっぽど心の広い女性だったのでしょうが、この男性も自分で自分の犯した過ちに気付けたというのが大事ですね。

彼女が浮気されたことで苦しむ姿を見た

「彼女は浮気に気付いてから、食べ物がのどを通らなくなって毎日隠れて泣くようになった。一緒に寝ていても寝ながら泣き出したり、うなされたりして、本当に苦しんでいた。浮気したこちらを責める言葉を言われなかったのが地味につらかった。
しかも、隠れて泣くから声をかけてあげることもできなくて、もうこんなに人を悲しませることをやるのはやめようと思った」(28歳/IT)

▽ 目の前で苦しむ彼女の姿を見て、自分がどんなに愚かなことをしたのかがわかるというパターンですね。苦しんだ彼女のほうはたまったものではないですが、自分のせいで苦しむ人を見て心の底から後悔したと言っていました。

まとめ

いかがでしたか。浮気性の男性が二度と浮気しないと誓ったエピソードでした。あえて責めたり怒ったりしないことがポイントなのかもしれませんね。また、冷静さも重要なようですね。恋人の浮気になんて気が付きたくないものですが、万が一のときはぜひ参考にしてくださいね。

2020.06.05

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 大塚 ちえ

都内で働く金融OL。仕事に家事に育児に貯金に、忙しい現代のはたらく女性を応援する記事を目指し日々精進中。

華山ゆかり

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介