どうしよう? 結婚直前に別れるかどうかの瀬戸際に考えること

2020.05.31

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

結婚が決まった、プロポーズされた、結婚前提で同棲している……。夢にまで見たプレ花嫁になったはずなのに、全然彼とうまくいかない、なんてことはありませんか? 結婚は人生の大イベントなので絶対失敗はしたくないですよね。
今回は、結婚直前に別れるかどうかの瀬戸際になってしまった時に考えること3つをご紹介します。

結婚直前に別れるかどうか考えること

1. お互いの結婚の意志を再確認

まずは、お互いの結婚に対するモチベーションを確認しましょう。ここで考えるのは、「相手はどうであれ……」という考えでの結婚願望です。
「何となく結婚する(ラクだから)」「結婚したほうがいい気がするから」「親がうるさいから」など、結婚に対する具体的な意思がない場合は別れを検討してもいいでしょう。
「結婚して幸せな生活を送りたいから」「子どもが欲しいから」「将来老後のためにパートナーと助け合っていきたいから」というように、結婚生活に関する希望がお互いあるなら、結婚へ進んでいってもいいかもしれません。

2. マリッジブルーは男女かまわず誰にでもある

マリッジブルーという言葉は、何となく女性がなるイメージがありますが、実は男性だってなります。
結婚相手のことは愛しているのはもちろんだけど、家族を持つプレッシャーや一人の時間を愛する男性はそれを失うプチストレスも。
一つの事しか考えられない男性は、仕事をしながら結婚準備の忙しさをこなす余裕はあまりなく、女性からすると無神経に見えたり、冷たく見えてしまう時期ですよね。
「結婚前の大事な時期なのに、彼がこちらの事を分かってくれない」と感じる時は彼も無意識のうちにマリッジブルーに陥っているのかもしれません。

3. 二人は結婚前の大事なチェックポイントを話し合えるかどうか

彼との結婚を迷った時に考えて欲しいのが、二人は結婚生活に関する大事なポイントを話し合える仲であるかどうか。家事の話し合いはもちろんお金の管理、貯金の仕方、子作りのタイミング、夫婦生活の頻度まで、話しにくいことをきちんとお互い話し合えるかどうか、ちゃんと決めておけるかどうかは、大事なポイントです。もしそのようなことを話しにくい関係性なら、結婚してからツラい思いすることになりかねません。

結婚前よりも結婚した後のことを考える

結婚前はお互いのアラが目立って、どうしてもマイナスイメージが膨れ上がってしまい、よくないことをいろいろ考えてしまいがちなのですが、結局は結婚してからの生活がすべて。
イヤなところが見えたとしても結婚した後にお互い変われるかどうかが一番大事なのです。
前述したように、お互い大切なことを話せない、そもそも結婚に対する意思が怪しい……ということがなければ、結婚に踏み切ってみるのもいいと思います。結婚しようとまで思える相手に出逢えたこと自体、幸せなことですからね。

2020.05.31

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by mashu

2歳差姉妹の母です。 アパレル業界から結婚を機にフリーライターへ転身。 妊娠中は出産のたびにキレイになれる方法、少しでも健康にお産をする方法などを日々研究し、産後の現在はいかに育児をうまく、かつ楽にこなせる方法を研究中。 子どもと手作りおやつを作ったり、子ども服をフランスやロンドンから個人輸入したりするのが趣味です。

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介