ずっとラブラブな仲良しカップルが意識している「2人の習慣」4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2020.05.22.Fri

付き合う期間が長くなると「以前と違ってマンネリ化している」「気持ちに温度差を感じる」などの不安も出てくるものではないでしょうか?
ずっと愛情が冷めないどころか、ますます愛が深まるカップルは何が違うの? というわけで、今回は男性たちの意見を参考に「ずっとラブラブな仲良しカップルが意識している2人の習慣」をご紹介します。

カップルが意識している「2人の習慣」

1. 言わなくても伝わると甘えない

付き合いが長くなると「言わなくても分かるでしょ」と甘えてしまうこともありますよね。それが原因ですれ違ってしまうことも多いのではないでしょうか?
好き・楽しい・うれしい・寂しいなど感情を素直に伝えることで「すれ違いの原因」を防ぎたいですね!

「男って付き合いが長くなると『言わなくても分かるよね』とか『言葉より行動で見て欲しい』と思ってしまうのですが、やっぱり彼女からストレートに『好き』『一緒にいると楽しい』『いつもありがとう』と言ってもらえると『彼女のことが好きだな〜』と再確認します」(28歳・メーカー勤務)

▽ お互いに感情は素直に伝えることができると「そんなの言ってくれないと分からないよ!」という誤解も生まれませんよね。恥ずかしくても気持ちは伝えましょう。

2. お互いに「自分の時間」を大事にする

彼のことで頭がいっぱいになって自分の時間よりも、彼と一緒の時間を優先するようになると「危険」という声が!
男性にとって、常に一緒にいようとしたり、LINEや電話で繋がったりしようとする行為は「自分の時間を削られる重荷」にもなりかねません。

「自分の時間をお互いに尊重できるかどうかって、すごく大事! 長続きするカップルは会わない時間に自分磨きをすることを大事にしていますよね。常に一緒にいようとすると、だんだん重荷になってしまう」(30歳・広告代理店勤務)

▽ 自分の時間を大事にすることで「無理なく自然に付き合える」ことが、長続きの秘訣とも言えますね! 彼に会えないときこそ、自分磨きをして、もっと魅力を高めましょう!

3. ケンカ後はできるだけ早く仲直り

どんなに仲良しでもケンカはするもの。でも仲良しカップルは「できるだけ早く仲直りする」という声も目立ちました!
早い段階で話し合いをして「今度はこういうことに注意するね」と未来に向かって明るい話をすることで「もっと仲良くなれる」という効能が!

「ケンカすることもありますが、話し合いをしないで放っておくと、どんどん気持ちが離れてしまう。きちんと本音を話して『今度はこういうことに気をつけよう』『どうしたら、こういうことが起こらないか』を話し合いたい」(29歳・IT関連)

▽ ケンカするほど仲が良いというのは「きちんと話し合い」ができているかどうかに左右されますね! 

4. ワクワク感を共有して新鮮さをキープ

ワクワクする気持ちを共有することで「ドキドキ感が保てる」という声も! 例えば、一緒に行ってみたい場所のリストを作る、新しいことに2人でチャレンジするなど「好奇心」を刺激する過ごし方を意識して「いつまでも新鮮な気持ちでいられるカップル」に!

「いつも同じようなデートはマンネリ化しやすい。安心感は大事だけど、ずっとラブラブでいるためにはドキドキ感も必須! 新しいことに2人で挑戦したり、行ったことないお店を開拓したり、一緒にできる趣味を見つけるなど、新鮮な気持ちでいられる工夫も大事だよね」(31歳・マスコミ関連)

▽ ドキドキ・ワクワク感がなくなると「会っても楽しくない」という残念なことにもなり得ます! 新しいことへのチャレンジ精神は、関係を盛り上げるためにも必要!

まとめ

一緒にいて安心できる関係もステキですが、付き合いが長くなっても「ドキドキできる2人」もステキですよね! こんな習慣を意識して、お互いの気持ちを冷めさせない工夫をしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm