これが本性か…。彼氏とのケンカ中に言われてイラっとしたこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2020.05.17.Sun

人って追い込まれたときに、はじめて本性が見えるもの。普段は温厚な彼も、いざとなったら態度が急変するかもしれません。
そこで今回は「彼氏とのケンカ中に言われてイラっとしたこと」について、女性陣にリサーチしてみました。

1. 「何○○してるの?」

・「彼とケンカになり、つい泣いてしまったんです。そしたら『何泣いてるの?』『泣いて解決すると思ってるの?』と冷たく突き放された。その瞬間、彼と別れようと思いました」(20代/美容関係)

・「同棲中の彼は、何度注意しても出しっぱなし、脱ぎっぱなし。不満が爆発して怒っていたら『何興奮してるの(笑)』とバカにしたように言われた。自分が悪いくせに、上から目線で『冷静な俺』をアピールしてきてムカつきました」(30代/医療系)

▽ 別にしたくてしているわけじゃないのに「何○○してるの?」と言われるとイラッ。「もとはと言えば、一体誰のせいだと思っているんだ」とカチンと来ます。ここまで話が通じない上に、人の気持ちがわからないとは予想外でしょう。

2. 「お前」呼び

・「普段は優しいのに、ケンカになった途端『お前』呼びしてきた元カレ。これが本性か……とドン引きしました」(20代/IT)

▽ ケンカがヒートアップすると「お前」「テメェ」など、口が悪くなる人もいますよね。「いままでの優しかった彼は一体何だったの?」とビックリします。話し合いにすらならないので、結局女性が我慢するはめに。これじゃ一緒にいても幸せにはなれないですよね。

3. 「でも○○は…」

・「共働きなのに家事はすべて私負担。理不尽に感じて彼に『手伝ってほしい』とお願いしたら『でもお母さんは全部やっていたよ』『家事は女の仕事でしょ?』と言われた。これは結婚したらヤバいと思い、頃合いを見て別れました」(30代/サービス業)

▽ 母親や元カノなど、他人の都合のいい話ばかり引き合いに出す男性もいます。「いま話しているのは私なんだけど?」とイライラしますよね。何を言っても「でも」「だって」ばかり続き、話し合いにならないかも……。

4. 「だったら別れる?」

・「私が注意するたびに『だったら別れる?』『そんなに俺が嫌なら別れればいいじゃん』が口癖だった元カレ。いや、そういうこと言ってるんじゃないんだけど……。もう呆れてこっちから振ったら、今度は何度も連絡が来てウンザリしました」(20代/保険)

▽ これからも仲良くやっていきたいから話しているのに、別れを持ちだすなんて卑怯ですよね。このタイプの男性は、別れたあとも「アイツはダメな女だ」とか「俺が振った」など、周囲にあることないこと言いふらしそう。
「何だかんだ俺とは離れられないだろう」と高をくくっているからこそ、本当に別れることになったらしつこく迫ってくるかも。いずれにしても注意が必要でしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]