原因はこれだった!? 彼氏と長続きしない女子がやりがちなこととは?

2020.05.17

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

大好きな彼とは、結婚を見据えた上で長く交際したいもの。でも彼氏ができても、いつも短命恋愛で終わってしまう人もいるはず。もし頻繁に早く別れが訪れる場合、無意識のうちにこんなNG言動をしてしまっているのかもしれません。
そこで今回は「彼氏と長続きしない女子がやりがちなこと」についてご紹介します。

1. 彼に気を使いすぎる

「何をするにも『○○くんの好きなほうでいいよ』と彼の意見を尊重していたら、『自分の考えはないの?』と言われました。結局性格が合わないと思われたのか、半年で別れちゃいましたね」(20代/一般事務)

▽ 緊張しすぎて、もしくは好かれたい一心から、彼に気を使いすぎてしまう人はいませんか? でも、よそよそしい言動は「別に俺のこと好きじゃないのかな」と誤解される可能性が高いです。
また「一緒にいてもつまらない」とか「俺のほうまで気を使って疲れた……」と思われ、結果的に短命になる恐れも。肩の力を抜いて、まずは自分が楽しむことを考えてみましょう。

2. 愛情の確認をしたがる

「若い頃は『私のこと好き?』『まだ元カノに未練があるんじゃないの?』とか言っちゃってたなぁ……。大体ウザがられて、すぐに別れを切り出されていました」(30代/食品)

▽ 特に交際当初は、本当に自分を好きでいてくれるのか気になるもの。だけどそれをイチイチ聞かれるのは面倒ですよね。最初は「○○ちゃんが好きだよ」と答えていた彼も、だんだん「何回同じこと聞くの……」とイライラしはじめます。
言葉にするのが苦手な男性も多いので、愛情の確認はグッとこらえるべき。それに彼の態度を観察していれば、自分が愛されているか見えてきますよ。

3. ルールを強要する

「『毎日電話をする』『週末はデートをする』といった、ルールを強要すると短命に終わりがちかも」(20代/アパレル)

▽ 彼も納得したルールならいいのですが、そうじゃないとただ息苦しいだけ。彼女と居るのが苦痛になり、別れを考えはじめるようです。まだお互いがわからない交際初期だからこそ、お願いごともほどほどにすべきでしょう。

4. 過去の話をしすぎてしまう

「元カレ話や不幸話をしすぎてしまい、彼氏に引かれたことがあります。それ以来、一気に自分語りをするのではなく、頃合いを見計らって小出しにするようにしていますね」(30代/サービス業)

▽ 「好きな人には包み隠さず、自分の全てを知ってほしい」と思う女性もいるはず。でも彼女の予想外の過去に驚いてしまう男性もいます。
中には「俺じゃ彼女を幸せにできない」「こんな子だとは思わなかった……」と悩んでしまい、交際を解消される場合も。過去にとらわれず、彼とのいまを大切にしたほうが、きっと関係は長続きしますよ。

2020.05.17

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

もぐパン粉

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介