彼氏は私のものなのに! 女性陣が思わず嫉妬してしまった相手って?

2020.05.11

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

恋愛に嫉妬はつきもの。彼を好きになるほどに、嫉妬心やヤキモチが強くなっている人もいるのでは? 中には「私、なんでこんなに嫉妬しているんだろう……」と自分に驚くことも。
そこで今回は「女性陣が思わず嫉妬してしまった相手」についてご紹介します。


元カノ

「結婚まで考えた元カノの存在を知っているので、いまだに嫉妬してしまいます」(30代/IT)

▽ やはり王道で元カノは気になる存在ですよね。「私より元カノのほうが良かったんじゃないか」「実はまだ元カノが好き?」など、一度考え出すと止まらないもの。
ただその感情を彼にぶつけてしまうと、最悪別れに発展しかねません。自分の思い違いも多いので、なるべく彼と一緒の時間を楽しむようにしましょう。

女友達

「彼の地元の子で、やたらベタベタしている女友達がいる。写真を見ながら『これ近すぎじゃない?』とやんわり注意したら、彼から『昔からこうだから気にすんな』『お互い男女として見ていないだけだから』と言われてモヤッとした」(20代/接客)

▽ いくら友達とはいえ、やたら距離が近い女子もいますよね。中には「これ、明らかに彼氏を狙っているよね?」なんて女子も……。
とはいえ、彼に不安を伝えると「ただの友達だから」「俺の人間関係に口を出す気?」とイライラされがち。彼女より女友達を優先しているようで、かなり不快ですよね……。

アイドル

「彼は私より10歳も年下のアイドルを追いかけている。その子がテレビに出ていると、『たしかにかわいいな』って気持ちと嫉妬で複雑な感情になります」(30代/広報)

▽ アイドルと恋愛に発展することはないとわかっているものの、彼がハマっていたら面白くないですよね。でも敵対心を向けるほどに、彼も虚像のアイドルにのめり込んでいきます。ここはもうかわいく嫉妬して彼の心を掴むか、彼がファンを卒業するのを待つしかないかも……。

仕事

「彼の仕事が忙しく、なかなか会えなかった時期があって。あのときは『こんな仕事、早くやめてほしい』って本気で思っていました」(20代/美容関係)

▽ 彼が一生懸命仕事しているのはわかるのですが、あまりにも会えない日々が続くと寂しさがつのるもの。「私と仕事、どっちが大事なの!?」と言いたくなる気持ちもわかります。いつ頃になったら仕事が落ち着くのか、見通しが立っているといいんですけどね。

男友達

「私よりも男友達を優先していた元カレ。クリスマスなのに飲みに行ってしまったときはさすがにキレました。だけど『浮気しているわけじゃないのに責められる意味がわからない』と言われ、別れましたね」(20代/一般事務)

▽ 彼の人間関係に口を出したくはないけれど、常に男友達優先では落ち込みますよね。申し訳ないけれど、彼の友達にもいいイメージは持てないかも……。結婚しても家庭を大事にしてくれるかは微妙なので、いまのうちに別れるのも選択肢のひとつでしょう。

2020.05.11

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

azuma

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介