キレイ好きにも程がある! お泊りデートで彼にドン引きした瞬間

2020.05.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

大好きな彼とのお泊まりデートは、女子にとって特別なイベントです。一緒にご飯を作って、隣で眠って、さらに朝一番に彼の顔を見られるなんて、とっても幸せですよね。
しかし、残念なことに、お泊まりデートをきっかけに彼への愛情が冷めてしまったという例もあるよう……。今回は女性たちに、お泊まりデートでドン引きしてしまったエピソードを聞いてみました。

他の女性の影を感じた

「初めて彼の家に泊まりに行ったとき、女性もののスキンケア用品やシャンプーなどが置いてあるのを見て、ショックを受けました……。突っ込んだら『元カノのだよ』と言われましたが、そんなに前のものではなさそうだったのでドン引き。具合が悪いふりをして速攻帰宅し、後ほど別れを告げました」(27歳/IT関連)

▽ 指摘するまで気づかなかったのは、彼にとっては見慣れた光景だったということでしょう。問い詰めたとき、簡単にバレるような嘘をつくところを見てさらに幻滅してしまったのだとか。

いびきがうるさすぎる

「彼と一緒に眠れるのを楽しみにしていたのですが、いびきがうるさすぎて本当に無理でした。彼のことが大好きで『どんな一面を見ても許せる!』と思っていたのは勘違いだったみたい……。一睡もできず、かといって帰るわけにもいかず、ずっとスマホを眺めていました」(25歳/インテリア販売)

▽ いびきまで愛してあげたいところですが、あまりの大音量だとそうもいきません。毎回不眠に悩まされるとなると、お泊まりデートのハードルが高くなってしまいそう。

水回りが驚きの汚さ

「多少の部屋の散らかりは『男性の一人暮らしってこんなものだよね』とスルーできるのですが、水回りだけは見過ごせません。お風呂場に入った瞬間、水アカやカビ、排水溝に溜まった髪の毛に悲鳴をあげそうになりました。こういう生活習慣って、お泊まりデートじゃないと気づけないですよね」(30歳/金融)

▽ 許容範囲をはるかに超える汚さだったようです。不潔な一面にドン引きしてしまった以上、今までのような関係には戻れないかも……?

潔癖&几帳面すぎる

「キレイでおしゃれな部屋に感動したのですが、彼はかなりの潔癖だったよう。隙あらばコロコロで床の埃をとったり、リモコンを大きさ順に揃えたりと、全く落ち着きませんでした。ガラステーブルに私の指の跡がついてしまったとき、除菌シートで拭かれたのには笑ってしまいましたね……。綺麗好きにも限度があると思います」(26歳/メーカー)

▽ 部屋が汚いのとは逆に、綺麗すぎて引いてしまう場合も。掃除や整理整頓が癖になっているのはわかりますが、せめて彼女がいる間だけでも我慢できなかったのでしょうか……。

まとめ

楽しかったはずのお泊まりデートが、一瞬で台無しになってしまった残念エピソードをご紹介してきました。話を聞くぶんには面白いかもしれませんが、自分の身に起こると考えるとどれもそれなりに深刻な問題ですよね。ありのままの彼を受け止めるという選択肢もありますが、別れを選んでも誰も責めないのではないでしょうか。

2020.05.10

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by ROI

都内在住フリーライター。クラフトビールとハイボールが大好き。こじれ気味な独身生活を経て、何とか結婚にたどり着いたアラサーです。自身の経験をもとに、リアルな等身大の女子&男子の本音をお届けできればと思います!

azuma

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介