デート中「もしかして私だけ舞い上がってる!?」と思った瞬間5つ

2020.05.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

お互いが同じ熱量でデート出来ればいいですが、実際はそうはいきません。なかには彼との温度差に、心が折れそうになることも。そこで今回は「『あれ? もしかして私だけ舞い上がってる?』と思った瞬間」についてリサーチしてみました。


自分だけたくさん喋っている

・「気が付いたら私だけベラベラ喋っていて、彼がつまらなそうに相槌を打っていたとき。その瞬間『やっちゃった……』って思いました」(20代/住宅)

▽ 好きな人を前にすると、「場を盛り上げなきゃ!」といつも以上に喋ってしまう女性もいるのでは? 彼も楽しんでくれるならいいですが、「よく喋る子だな……」と冷めた目で見られていることも。彼の様子も伺いつつ、適度に話が振れるとよさそうですね。

全部任せてくる

・「食事へ行くにも『どこでもいい』『この辺よく知らないし』と、全部私に丸投げしてきた。当時は彼が好きだったから必死に頑張ったけれど、家に帰って落ち込みました」(30代/公務員)

▽ 一生懸命検索しているのに、もし横でスマホゲームでもしていたら「あれ?」と思いますよね。「私のために何かしようって気はないんだな」と察します。どんなに彼が好きでも、一緒になるのは考えもの。やはりお互いに協力し合える間柄が理想ですよね。

女子の話題を出してくる

・「いい感じだと思っていた男性から、元カノの話をされた。しかもまだ未練があるような内容でした。脈アリを感じていた自分が恥ずかしくなった……」(20代/広告)

▽ 唐突な女子の話題は困惑しますよね。「これってデートじゃなかったの!?」とビックリします。彼と交際しても、あまり幸せにはなれなそう……。やめておいたほうが無難かもしれません。

オシャレに差がある

・「頭からつま先までピカピカにオシャレした私に対し、どう見ても部屋着でやって来た婚活相手。一気にやる気を失いました」(20代/通信)

・「元カレは最初はオシャレだったのに、別れる間際はテキトーファッションになっていた。私は頑張って彼好みの格好をしていたので、すごく苦しかったですね」(30代/IT)

▽ オシャレは見るからに本気度がわかりますよね。明らかに寝起きのテキトースタイルで来られたら、何だか惨めな気持ちにさえなります。それでいてこちらの服装にケチをつけてくるようなら、彼とはもう会うべきではないでしょう。

早く帰りたがる

・「まだ帰るには早いと思ったので、『これからどこ行く?』と聞いたら『明日朝早いから』とやんわりと断られた。仕方ないとわかりつつも、結構グサッときました」(30代/BA)

▽ 「彼ともっと一緒にいたいのは私だけか……」と切なくなるコチラ。彼に悪気はないのでしょうが、寂しさがこみ上げますよね。「あまり一緒にいられないのなら、せめて事前に教えてほしかったな」と思います。

2020.05.08

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

フリーライター。主に恋愛コラムやライフスタイルについてさまざまなWeb媒体で執筆中。アイコンは10割美化されています。Twitter:@Kazu_367

azuma

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介