「結婚しよう!」と男性が決意するタイミングって?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
物江 窓香

Written by:

2020.05.08.Fri

「結婚」はなんとなく考えていても責任感が生まれることで先延ばしにしている男性もいれば、今までは特に何も考えていなかったけれどある日突然、「結婚したい!」と思う男性もいます。それでは男性が結婚を意識するタイミングはどんなときなのでしょうか?

1. 彼女が大切だと思ったとき

・「4年付き合って同棲していた彼女。『結婚しないといけないかな』とは思いつつもきっかけもタイミングもなく、結婚の話は出しませんでした。
そうしたら彼女が『このままダラダラとしていてもしょうがない、別れよう。告白されている人がいるから考えたい』と……! 彼女がどこかに行ってしまうと思ったら「結婚したい!」と言っていました」(26歳/販売業)

▽ 付き合いが長くなったりするとついつい男性は彼女を空気のように思ってしまうことも。生きていく上で空気は必需なものですが、ついつい普段は空気の大切さを忘れてしまいますよね。しかし彼女のことが心の底から大切なんだ! と思えたとき、男性は結婚を決意するのではないでしょうか。

2. 近くの友人に変化があったから

・「親友が結婚をして『お前も彼女のことを考えてやれよ!』と言われたことがきっかけで結婚を意識しました」(25歳/接客業)

・「友人に子どもが生まれたから。それまでは子どもが身近にいなかったこともあって漠然としか子どものイメージをしていませんでしたが、生後間もない赤ちゃんの可愛いこと。友人もパパやママとして誇らしそうで、
『俺も子どもが欲しい!』と思い、ママになってもらうのなら今の彼女だと気が付きプロポーズしました」(28歳/経理事務)

▽ 友達が結婚をする、子どもが生まれるなど身近な人に変化があったタイミングで彼女との結婚を意識するという男性も。やはり後押しをしてくれるのは友達なのかもしれませんね。

3. 仕事が安定したから

・「付き合い始めの頃は仕事も不定休で給料も安定しておらず、結婚なんて考えられませんでした。しかし仕事が安定したら自分の生活スタイルを考えられるようになり、プロポーズをしました」(29歳/会社員)

▽ 仕事が安定して、経済的な余裕ができてからプロポーズをする男性は少なくありません。自分といることで、彼女に必要以上のお金の苦労をさせたくなかったり、安心できる環境で子どもを育てたいと考えていた結果なのではないでしょうか。

4. 転勤することになったから

・「転勤が決まって彼女に『転勤が決まった』と報告したら『ついていってもいいの?』と言ってくれたので『それなら結婚しよう!』となりました。
自分の生活よりも僕と離れたくないと思ってくれたことがうれしくて、それなら責任を取らないと! と決意しました」(25歳/接客業)

▽ 会社に勤めていることで、これからも同じ会社で働こうと思えば断れない転勤要請もあります。自分の生活についてきてくれることがうれしかったり、彼女と離ればなれになることが嫌な男性はこのタイミングでプロポーズするというのもめずらしくはないようですね。

記事を書いたのはこの人

Written by

物江 窓香

1987年生まれ。フリーランス。薬機法関係(健康食品、化粧品、医薬部外品)、恋愛、子育てメインに執筆。心理学や経験をメインに執筆していきたいと思います。