うっかりすぎる! 旦那さんたちのドジな失敗談4つ

2020.05.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

結婚すると、相手のいろいろな面がみえるものです。付き合っている頃は一生懸命カッコつけていたり、繕っている人も結婚した途端にボロがでてきたりして。人間ですから、たまにはうっかりしちゃうこともありますよね。
仕事で疲れていたり、ほかのことに夢中になると注意力が散漫になっていたり、元々少しぬけている性格だったり……。今日は、そんな愛すべき旦那さんたちの失敗談を集めてみました。

愛すべき旦那さんたちの失敗談

1: コピー機に原稿を忘れる

「社内恋愛をしていました。彼はよくコピー機に原稿を忘れていて、しょっちゅうデスクから『あー、忘れた!』と慌てて回収しにいっていました」(企画/25才/女性)

▽ コピーしながらほかのことを考えているとつい忘れちゃうんですよね。お気持ちわかります。でもそんなおっちょこちょいなところは、母性本能をくすぐられちゃいそうですね!

2: 温泉のロッカーのカギを持ち帰る

「自分の両親と一緒に温泉旅行に行ったときのこと。帰る途中、車のなかで『楽しかったね~』と話していたら旦那が真っ青になって『ごめんなさい、カギを持ってきちゃいました』と。腕には温泉のロッカーのカギが。旅館まで引き返しました」(主婦/37才/女性)

▽ 旅行先だと気持ちが大きくなって、いつもよりも油断しがちですよね。ほかにも、「ホテルでパンツを忘れた」「ケータイを旅行先で水没させた」などの声もありました。

3: 出張先のホテルでしめ出し

「旦那さんは、出張先でオートロックのホテルに泊まったときに、あやまってしめ出されてしまったそうです。しかも、寝起きだったものだから、ステテコ一枚に上半身はハダカ。ロビーにも行けずに大慌てだったとか」(主婦/28才/女性)

▽ 思わず笑ってしまいますが、ご本人からしてみれば災難ですよね。オートロックになれていないと、ついうっかりなにも考えずに部屋からでてしまったりして。でも、ステテコ一枚でおたおたしている成人男性……、可愛いとおもわず思ってしまうのは筆者だけではないはず。

4: 車のサイドブレーキをかけ忘れる

「旦那が、親戚のところにお届け物をしたときのこと。訪問先の家の前は坂道で、ちょっと路面駐車するつもりで車を降りたところ、車がゆっくりと後退。
後ろにとまっていた車にぶつかってしまいました。大事故にならなかったからよかったものの、ブレーキのかけ忘れは二度目。心配にもなります」(建築系/33才/女性)

▽ それはドキドキしますね。水平なところだと安心ですが、田舎道や私道だと急な坂があったりしますものね。私の知人も、坂道でサイドブレーキをかけ忘れてあやうく車が池に落ちそうになったことがあります。
明日は我が身と思って気をつけたいものです。

ちょっとぬけているくらいがいいのかも

笑って許せるものから、それでは済まされない困った案件までいろいろありましたね。でも、なんでもかんでも完璧にこなす人よりも、ちょこちょこ失敗したりして間抜けな面をみせてくれる人のほうが付き合いやすいのかもしれませんね。

2020.05.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介