思わず男性が「告白しよう」と思うキッカケ4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
澪

Written by:

2020.04.25.Sat

気になっている男性と、両思いなのかな~? という微妙な時期ってありませんか? そんなとき、相手の男性から告白してほしいと思うのが女心ですよね。でも、どうしたら男性に告白してもらえるのでしょうか。
まずは「男性がどんなとき告白しようと思うのか」からヒントを見つけてみましょう。そこで今回は「男性が告白しようとしたキッカケ」をインタビュー形式で紹介していきます。

「男性が告白しようとしたキッカケ」

(1)相手のことしか考えられなくなったとき

「普段生活していて、好きな人のことしか考えてないな……と思ったら告白しないと! と思う。とくに、朝起きて一番に相手のことを考えていたら、相手の女性のことが本当に好きなんだなと確信する」(27歳/管理栄養士)

▽ 仕事しているときも、ご飯を食べているときも、相手が今何しているのかと考えてしまう場合、男性は告白するスイッチが入るみたいです。LINEやSNSでいつでも繋がっていると、こういった寂しい気持ちにはなりにくいので、好きな人に告白させたいときは、少し距離を置くのもいいかもしれませんね。

(2)一目惚れしたとき

「相手に一目ぼれしたら、すぐに告白する! 一目惚れの原動力は本当にすごいと思う」(28歳/人材派遣)

▽ 男性は、とくに一目惚れしやすいとも言われています。男性は、女性より外見から恋をしやすいからなんです。一目惚れされなかったとしても、相手の好みの外見に近づけると告白してくれるチャンスも増えるでしょう。

(3)相手も自分のことが好きだとわかったとき

「長いこと友達だった子を異性として意識したとき、相手も『○○くんが私の彼氏だったらな~』と言ってくれて、一歩踏み出そうと決心した」(28歳/営業職)

▽ 友達の期間が長いと、相手は友達として好かれているのか、異性として好かれているのかわからなくなり、なかなか告白できないときがあるようです。告白して失敗してしまうと、友達でもいられなくなってしまうかもしれない恐怖が、告白するのを断念させてしまうそう。そんなときは、自分も相手のことを「異性として好きだよ~」と、匂わせるといいみたいですよ。

(4)ライバルがいたとき

「趣味のサークルメンバー数人で仲良くしていたけど、その中の1人の女の子と良いムードになって。でも、なかなか告白することができずにいた矢先、他のメンバーがその子が好きってことを知っちゃって。慌てて告白しちゃいました! 返事はOKをもらったので一安心でした」(26歳/エンジニア)

▽ 告白を延期がちにする理由の一つが、他にとられることはないだろうと高をくくってしまうことなんです。仲が良すぎてしまう男女にありがちです。そんなときは、ライバル作戦が効果的です。「私のこと気になっている人がいるみたい」と相談をするなどして、告白してこない彼を焦らせてみましょう。

おわりに

いかがでしたか? 男性が告白しようと思うキッカケについて紹介していきました。インタビューをしていて思ったのが、多くの男性が自分に自信がなく、告白を「断られる」ことを怖がっているようでした。
好きな人にフラれるのは、誰だって怖いですよね。そんな男性のためにも、好きな男性には「好きですアピール」をしてあげてください。告白する勇気をあげられるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

澪

大学で臨床心理学と行動心理学を学びました。心理カウンセラー1級所持。心理学の知識と臨床の領域から恋愛や結婚に悩む人に寄り添える記事をつくります。占い領域では、数秘とタロットに精通しています。