恋愛至上主義な友達に心底うんざりしてしまう瞬間4つ

2020.04.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

大人になると相手に気を使うことも多くなって、友達付き合いが難しいと感じることもあるかもしれません。特にいくつになっても恋愛第一で、恋が生活の中心になっている女子は友達としてもかなりやっかいだと感じませんか?
今回はそんな「恋愛至上主義な友達に心底うんざりしてしまう瞬間」を集めてみました!

恋愛体質な友達にうんざりする瞬間

1: 自分の恋バナが話題の中心じゃないと気が済まない

恋愛至上主義な人はいわば“ドラマ・クイーン”、自分が恋愛ドラマのヒロインで波乱万丈な恋をしていなければ気が済まないのです。だから女友達で集まれば、「みんな、私のすごい恋愛体験を聞いて!」と内心叫びたいところ。
それだけテンションが高い分、自分の恋バナが話題の中心じゃないと露骨に不機嫌な態度をとったりします。実に子どもっぽいのですが、そんな性分ゆえに恋をすると周りが見えなくなるのでしょう。

2: のろけ話、彼への愚痴、恋愛武勇伝、など毎回似たような話ばかり

恋愛主義者の話題といえば自分の恋バナばかり。それもたいてい話題が決まっていて、のろけ、彼氏への愚痴、かつての恋愛武勇伝など、毎回似たようなものばかり。でも本人はすべての恋愛に全力投球なので、話がかぶっていたり、堂々巡りを繰り返しているだけということに気づいていません。
本人ばかりハイテンションで盛り上がっていても、周りは冷めてばかり。「みんなが自分の話を聞きたがっている」という思い込みは清々しいくらいです。

3: 自分の恋愛に夢中過ぎて、こちらの話にはまったく興味や関心を持たない

友達とのおしゃべりが楽しいのは、お互いの話に深く共感できる部分があったり、自分も知らなかったような視点に気づかされたり、ということがあるから。でももし相手が自分の恋愛に夢中になり過ぎて、こちらの話にはまったく無関心、興味を持たないで聞こうとすらしない態度だったら、イラっとしますよね。
コミュニケーションは双方向で会話のキャッチボールがあるからこそ楽しいのでしょう。そのことに気づいてないのはやはり問題です。

4: 友達との予定があるのに、彼から誘いがあるといつもドタキャンする

久しぶりに女子会をしようと声をかけても、ドタキャンが多いとだんだん誘いづらくなってきます。しかも恋愛至上主義者の場合、たいていその理由は彼氏の存在。彼から誘いがあると、どんなに前から予定を入れていてもそれをキャンセルして、彼とのデートを優先させるのです。
それも付き合い始めや、たまにだったら分かるけど、毎回確信犯的にドタキャンだと、「もういいよ」という気になるのも仕方のないことでしょう。

まとめ

もちろん女友達の恋は応援してあげたいし、うまくいって幸せそうなら、こちらだってうれしくなるものです。でももういい大人なのに恋愛にのめり込んで、他が見えなくなっている状態というのは同性から見ていてもイタいですよね。
恋愛至上主義な女友達というのは、本当にやっかいな存在といえます。

2020.04.22

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。 ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介