【数秘占い別】 相性の良い運命数TOP10

2020.04.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

相性占いと言えば、血液型や、星座、干支などとさまざまありますが、数秘占いでの相性占いはあまり見ないですよね。数秘占いは、カバラ数秘術のもと生年月日から計算し、個人が生まれ持った「運命の数字」から性格や運命を導き出すものです。自分が気がつかなかった性格や、特徴がわかるとも言われています。
今回はそんな数秘占いを使って導き出した「相性の良い運命数TOP10」をお伝えしていきたいと思います。好きな人や気になる人との相性をこの機会に確認しちゃいましょう!

運命数の計算方法

生年月日の中にある数をすべてバラバラにし、1~9の一桁になるまで足してください。

【運命数の計算例題】

1992年2月16日生まれの人の運命数を計算するとき1+9+9+2+2+1+6=30
30をさらに一桁まで足します。3+0=3運命数は3となります。

相性の良い運命数TOP10ランキング

※ランキングは、下から数えていきます。

10位【運命数1×6】

運命数1のわがままだけど愛情深い性格を理解して、包んでくれる性格なのが運命数6の人。最初はお互いウマが合わないことも多いとは思いますが、お互いの優しさに気づいたとき、長く付き合うことができるでしょう。

9位【運命数4×8】

運命数4と8はお互い仕事ができる人、賢い人が好みのため、相性が良いでしょう。努力を怠らない姿勢もお互い似ていて、尊敬し合える関係になれます。どちらかが気を抜くと、相手に冷めてしまう危険があるので注意です。

8位【運命数5×9】

つねに新しい刺激を求めている運命数5の人には、つかみどころのない天然な運命数9の人に、どんどんと心惹かれてしまうでしょう。予測不能な運命数9の人と一緒にいることで、毎日楽しく過ごせるかもしれません。

7位【運命数7×9】

運命数7と9はどちらもマイペースな性格です。逆に、自分のペースを乱されたり、縛られたりするとストレスを感じてしまうところも似ています。なのでフィーリングが会えば、とても良い関係になれるでしょう。

6位【運命数3×2】

運命数3の人は、誰とでも仲良くすることができ、どの運命数とも相性は良いです。そのなかでも、相性が良いのが運命数2の人。とにかく人懐っこい運命数3の人は、世話好きで尽くしてくれる運命数2の人と相性抜群。運命数2の人が、世話を焼きすぎて疲れてしまうのに注意してくださいね。

5位【運命数4×4】

プロフェッショナルな職人気質の運命数4の人は、お互いが尊敬し合える仲を好みますので、怠惰な人とは相性が悪い傾向にあります。そのため、同じ運命数4の人だと相性は良いと言えるでしょう。

4位【運命数2×8】

人に必要とされることに幸福を感じる運命数2の人は、癒しを求めている運命数8の人と相性抜群です。運命数8の人は、自分のことは二の次で働くことに夢中になってしまいがち。そんな運命数8を支える存在として、お世話好きの運命数2の人がピッタリです。

3位【運命数7×7】

運命数7の人は基本的に1人でいることを好む傾向があります。しかし、人付き合いができないわけではありません。1人の時間を大切にしている人が多いだけなんです。そんな運命数7の人は同じ運命数7の人と相性抜群です。自分と同じような距離感に安心するでしょう。

2位【運命数5×6】

運命数6の人は、自分から愛するよりも愛されたい! と思う人が多いです。そのため、愛情をうまく表現することができる運命数5の人と相性が良いでしょう。お互い依存ぎみになってしまうことがあるので注意が必要ですが、依存することでお互いが幸せになっているケースが多いです。

1位【運命数1×2】

高い地位にいることが多い運命数1の人は、常に癒しを求めています。世話好きで尽くしてくれる運命数2の人とは相性抜群。
また、運命数2の人は、人の手を借りて生きていくことを運命としているため、強運の持ち主である運命数1の人といると、成功することが多いです。

おわりに

いかがでしたか?
今回は、運命数別の相性ついてお伝えしていきました。当てはまるところ、そうでないところいろいろあるかと思います。恋人だけではなく、友達や気になる人との相性もチェックしてみてくださいね!

2020.04.21

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by

大学で臨床心理学と行動心理学を学びました。心理カウンセラー1級所持。心理学の知識と臨床の領域から恋愛や結婚に悩む人に寄り添える記事をつくります。占い領域では、数秘とタロットに精通しています。

azuma

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介