“この人いいかも!”と思わせる彼の紳士的ジェスチャー5つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2020.04.18.Sat

せっかく“この人ステキだな”と思っても、言葉遣いが乱暴だったり、食べ方が汚かったりしてすぐに冷めてしまうことってありますよね。では、その反対に“この人いいかも!”という好印象が続くカギは何でしょう? それは男性の紳士的ジェスチャーにあるみたい。では一体どんなジェスチャーが私たちの心をとらえるのでしょう?

男性の紳士的ジェスチャー

1. こちらの様子をきちんと見極め、待ってくれる

基本的に押しの強い人は、すぐに見破られるし、恋人候補としても却下されそうです。なぜならそんな人は自己中心的で、いつも自分の要求ばかりを押しつけてくる可能性が高いからです。
でも紳士的な男性は決して物事を急ごうとしないし、こちらがためらいを見せれば、すぐに一歩下がってくれます。こちらの意志を尊重する優しさが見えると、好印象アップにつながりやすいでしょう。

2. 物腰が柔らかく丁寧である

横柄な態度や乱暴な言葉遣いは、思いっきりドン引きしてしまいますよね。そうやって威圧的な振る舞いをする人ほど虚栄を張って自分を大きく、強く見せようとするのですが、それは紳士的態度とは真逆だと言えるでしょう。
本当に自信のある人はそんな態度はとらないし、どんな人に対してもきちんとリスペクトを払うことができるものです。見知らぬ人や店員さんに対しても物腰が柔らかく、丁寧な人はやはり好感が持てます。

3. ちゃんと気づいて適切な褒め言葉をする

女子ってやはりルックスに気を使っているし、そのことにちゃんと気づいてくれるとうれしいものです。ファッション、ヘアスタイル、メイクなど、小さな違いにちゃんと気づいて“今日の服はいつもと感じが違うけど、すごく合っているね”なんてスマートな褒め言葉は乙女心に刺さります。
ただ“かわいいね”ではなく、きちんとディテールまで見たうえでの適切な褒め言葉、少しハードルが高いかもしれませんが、効果はてきめんです。

4. お酒を飲みすぎて酔いつぶれたりしない

“酒は飲んでも飲まれるな”と言いますが、お酒を飲みすぎて酔いつぶれたりしている姿はお世辞にもカッコいいとは言えないし、頼りがいがあるようにも思えません。
お酒を飲むなら楽しく、でも自分の限度はちゃんと知ったうえで飲むのがデートのお作法と言えるでしょう。飲むとすっかり記憶が飛んで、何を話したかも覚えていない、なんていうのはもう論外なので、どうかお気をつけて!

5. 冗談を言ったりして、その場を和ますようにしてくれる

デートでの緊張ムードをサラッと軽いジョークや面白い話で和ませてくれる、そんな人だとこちらもリラックスできて、ふたりの時間を楽しく過ごせそうですよね。緊張して会話が弾まなかったり、どこか自分の頭のいいところを見せつけようとするような小ざかしさなどはいりません。ちょっと自分のドジな面を披露したり、笑わせてくれるほうが親近感もぐっと湧くし、それはそのまま好感度にもつながってゆきます。

▽ 参考記事(海外サイト):Men Who Care About Women’s Comfort Do This

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。