なんて返せばいい? 困ったときの「彼が喜ぶ返事」辞典

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2020.04.15.Wed

彼とのLINEのやり取りで「なんて返そうかな……」と考えているうちに時間がたっていることってありませんか? 駆け引きとまではいかなくても、彼の「好き」を少しでも多く引き出したいと思うのが乙女心ですよね。
ということで、そのまま使ってもアレンジしてもOKな「彼が喜ぶ返事」辞典を作ってみました。

彼が喜ぶLINEの返事

彼の興味をそそる写真

返信した文章が少し味気ないときにおすすめなのが、彼の興味をそそる写真です。
何通かラリーを続けると短めの返事になることもありますよね。そこでスタンプを使わず、あえて写真を投下。おいしそうな料理や目を疑うようなおもしろい看板など、彼のテンションが思わず上がる写真で変化を付けてみましょう。

○○っていうこと?

自分の言葉で聞き返すような返事は、「話を広げようとしてくれている」または「興味を持ってくれている」感じがして、語りたがりなサガを持つ男性はとても喜びます。
文面にテンションの高ぶりが現れていなくても、いつも以上に返事が早かったりLINEの吹き出しが多くなるようなら、確実に彼の気持ちは盛り上がっています。

そういうの得意だよね!

自慢げな内容や苦労話が届いたら、すかさず持ち上げて! 彼は確実に、あなたからの賞賛が欲しくてそれを送っています。
あまり考えずに送っている内容だとしても、それを得意なことにしてしまえば「俺、こんな特技もあったんだ!」と彼が自信を持つきっかけになります。

私はすてきだと思う

「他の誰がなんと言おうと私はすてきだと思う」といった芯が通ったマジメな返事もたまに交ぜると、やり取りに緩急がついてLINEのラリーが続きやすいです。

おもしろい!

もはやこれは言うまでもなく、王道中の王道。自分が言ったことで女性が楽しそうにしているのって、男性としてはたまらん状況なのです。

え!?

「おもしろい!」と同じくらい効果的なのが「え!?」と驚いた返事です。楽しませるのと同じかそれを少し上回るくらいに、男性は女性をびっくりさせるのが好き。驚いたときの反応がいい女性は、男性の自尊心を満たすので間違いなく愛されます。

お疲れさま

当たり前なあいさつのように思えますが、仕事中でも仕事終わりでも、彼へ返信するなら文頭に「おつかれさま」を付けてみて。相手をいたわっている感じでとても優しい印象に。付き合っている間柄なら、それだけで愛情のこもったやり取りができます。

覚えていてくれたの?

好きなアーティストを彼に教えた後で、「今日は○○の曲を聞きながらランニングしたよ」と送られてきたとします。ただ単純に「○○を聞きながらランニングなんてサイコーだね!」と返すのも悪くないです。
けれど、ワンランク上の返事を狙うなら、彼がなぜそれを送ってきてくれたのか、その経緯までたどること。過去と現在で話がつながると、2人の仲が深まります。

うれしい! ありがとう!

「ありがとう」だけでなく「うれしい」もセットで送ることがポイントです。ありがとう単品だと、感謝は伝わってもそれによってどう思ったのかまで彼に届かないからです。彼を喜ばせる返事は「素直に分かりやすく」が大切です。

記事を書いたのはこの人

Written by

ヒラタイカホノ

【ライター、管理栄養士、元アパレル店員。恋愛本や恋愛ブログを読み漁るのが趣味の根っからの恋愛オタク。「恋愛がないと生きていけない!」を否定せず、恋愛と上手に向き合っていく方法を発信中。】