SNSで近況を知る…。経験者が語る「恋人との別れのサイン」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
MARIE

Written by:

2020.04.03.Fri

「いま倦怠期かも」「なんかそろそろ別れそうな予感」と、付き合っている人との今後に不吉な予感がした経験はありますか? その勘はたいてい的中するため、そのまま別れるなんてことも……。別れのサインを知っておくことで、それは防げるかもしれません。
ここでは男女問わず、崖っぷちを経験した人に話を聞いてみました。

電話の回数が減る

「数年前に付き合っていた彼氏とは、毎晩電話をしてたんですよね。でもだんだんその回数が減っていき、電話も私のほうからかけてばかりに……。
なんとなくイヤな予感はしていたんですが、その1か月後に彼から『別れよう』と言われました。あとから聞いた話では、やっぱりそのとき浮気していたらしいんですよね。習慣化していたことに変化があるときは怪しむべきです」(女性・33歳・保育士)

▽ 毎日欠かさずしていた電話が徐々に減っていると感じたら、彼氏のほうからお別れを告げられてしまったそうです。結果的に浮気をしていたらしいですが、やはり何か変化があるときは怪しんだほうが良さそうですね。

SNSで近況を知る

「元カノと付き合っているとき、別に仲が悪かったわけでもなかったのですが、ちょっとした倦怠期に入っていました。そんなある日SNSを開いたら、『今日は高校のときの友達と女子会!』って投稿を見て……。前ならこと細かに予定を教え合っていたのに、SNSで近況を知るっていうことに寂しくなりましたね。自然消滅って感じで別れました」(男性・35歳・営業)

▽ 倦怠期になるといちいち予定を共有することがなくなるのでしょうか。
SNSで近況を知って直接何の連絡もないとなると、二人の関係に溝が生まれている証拠なのかもしれません。これを程よい距離感と捉える人もいますが、崖っぷちの兆候とも言えるでしょう。

イライラすることが多くなる

「同棲していた彼氏とはケンカが多くなり、別れてしまいました。思い返すと別れる前から、ちょっとしたことでイライラする機会が増えていたんですよね。同棲し始めた頃は何もイライラしなかったのに、別れる直前は服の脱ぎっぱなしでさえムカついてました……。そのまま家をでてきたので後味の悪い別れ方になりました」(女性・28歳・医療事務)

▽ イライラすることが多くなればケンカも増え、そのまま家を出て別れることになってしまったそう。
いままで許せていたことが急に受け入れられなくなると、関係性が悪くなる前ぶれなのでしょうか? 冷静に話し合いをしていれば改善できていたのかもしれません。

嫉妬心がゼロになる

「俺は割とヤキモチ妬きなので、彼女には束縛しちゃうんです。男のいる飲み会も行ってほしくないし嫉妬するんですが、その嫉妬心が全くなくなると、もう好きな気持ちも冷めている証拠だと自分のなかで思っています。
そうなると別れても友達でいることが多いですが、彼女としては見られなくなります」(男性・32歳・住宅関連)

▽ 自分のなかで恋人への嫉妬心がないことに気がつくと、「そろそろ終わりだな」と察する人もいるそうです。何だか寂しい終わり方なので、こんなことを理由にフラれたら悲しいですが、熱しやすく冷めやすいタイプの人だとどうしようもないみたいですね。
どんなカップルにも別れの兆候がある様子。気づきながらも付き合うのか、それとも別れるのか、はたまた関係修復をして愛が復活するのかはカップルによりますが、別れのサインには敏感になっておくほうが良いかもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

MARIE

モデル経験あり、2児のママをしている29歳フリーライターです。メイク・美容・ファッション・プチプラ・インテリアなどおしゃれなものが大好き!アラサー女子&ママ目線で役に立つ情報をお届けします。