超可愛い! 男性をメロメロにさせる「ウザくない嫉妬の仕方」4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
松はるな

Written by:

2020.03.29.Sun

彼が大好きだからこそ、嫉妬してしまうこともありますよね? でもそんなことを伝えたらウザがれてしまいそう……と思いきや、「可愛い嫉妬なら大歓迎」という声も目立ちます! 男性はどんな嫉妬の仕方にキュンとするものなのでしょうか?
今回は「彼をメロメロにさせるウザくない嫉妬の仕方」をご紹介します!

可愛らしくいじけてみる

彼がほかの女の子を「可愛い」と褒めたときに「私も褒めてよ~」と可愛らしくすねたり、いじけたりするような嫉妬なら「キュンとする」という声がありました! 深刻にいじけられると「重たいな」と敬遠されるので、あくまでも明るいテンションでいじけてみましょう。

「テレビを見ていて『あの女優さん可愛いよな』と言ったら『私のことも褒めてよ~!』と可愛らしくすねられてギュッとしたくなった! 暗い感じですねられると面倒だけど、可愛らしくいじけるのはキュンとする」(28歳・商社勤務)

▽ どうせ私なんて……といじけてしまうと「重たい女」になってしまうので注意! 可愛らしくすねて彼をメロメロにしてみましょう!

彼を褒めながら心配する

「○○くんはカッコいいし、モテるから心配なの」という感じで、彼を持ち上げながら心配する嫉妬の仕方だと「可愛くて萌える」という声も目立ちました! 嫉妬して怒るよりも心配しながら不安そうな顔をされると「可愛いやつめ」とキュンキュンするそうです。

「怒って嫉妬されると『なんだよ!』ってなるけれど、『○○くんはカッコいいし、モテるから心配になっちゃうの……』と可愛らしく嫉妬されたら『不安になっちゃって、可愛いな』と思ってしまう」(30歳・メーカー勤務)

▽ 褒めながら嫉妬されるぶんには「悪い気がしない」という声が多数! ただ怒るよりも心配する感じで伝えたほうが、彼の目には可愛らしく映ります!

言葉で伝えられないなら…

ヤキモチを焼いているけれど、言葉で伝えられない。そんなときは、無言で彼の腕にギュッとしがみついたり手を繋いだりして、スキンシップで愛情を伝えるのもありです。いじらしさを感じて可愛くてたまらないのだとか!

「街できれいな人をチラッと見てしまったときに、彼女が無言で腕にしがみついてきて『もしかしてヤキモチ?』ってキュンとした! あえて言葉にしないのが可愛い」(27歳・マスコミ関連)

▽ 言葉で伝えてケンカになるよりは、無言でくっついてみるほうが得策かも! 私だけを見てほしいという気持ちが伝わってきてキュンとなるそうです!

素直に甘えてみる

ヤキモチを素直に伝えて、可愛らしく甘えるのもありという声が!「ほかの女の子の話ばっかりされると寂しい……」と甘えながら気持ちを伝えられたり、「そんな話を聞いたら嫉妬しちゃう……」と素直に言われたりすると、「可愛いな」とメロメロになってしまうそうです。

「嫉妬して怒って黙るよりも『そんな話されたら嫉妬しちゃうよ!』と笑いながら素直に甘えてくれたほうが可愛いって思う!『○○くんのこと大好きだから、寂しくなっちゃうよ……』とか言われるのもキュンとする」(31歳・商社勤務)

▽ ヤキモチは素直に表現すれば可愛いという声も! 変にこじらせて怒ってしまうと「ウザい女」になるので注意したいですね。素直が一番!

まとめ

こんな嫉妬なら「可愛い」「愛されている気がしてうれしい」という声が集まりました! 嫉妬からケンカに発展してしまうのは、「気持ちを素直に伝えられていないこと」が原因になっているケースも多いようです。可愛らしく嫉妬すれば、もっと仲良くなれますよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

松はるな

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターの松はるなです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm