自覚はあるけどやめられない…! 私がなかなかモテない理由

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林リズム

Written by:

2020.03.28.Sat

自分でも「これがモテない要因だよな」とわかっていても、なかなかやめられないことってありますよね。ただ、人はモテるために生きているわけではありません。自分らしく生きていけばいいのですが、「こんな自分でもモテてみたい」なんて思うことはあるものです。
ここでは、そんな複雑な胸の内である「自覚はあるけどやめられない、私がモテない理由」を聞いてみました。

オブラートに包まずストレートに伝える

「オブラートに包まずに相手にストレートに聞いてしまうからかなぁ。食事に行こうって誘われても『それって私と一緒にご飯を食べたいってことですか?』って聞いちゃったり、遠まわしに付き合おうって言われたときに『私のことが好きってこと?』って言っちゃったり。それで相手が引いてしまう。聞かないほうがいいとわかりつつ白黒はっきりさせたくて……」(20代/公務員)

▽ 相手が恋愛モードに持ち込もうとしても、ストレートに聞いてしまうためモテないのではと分析している人もいました。たしかに、人には本音と建前があるもの、すべてを本音でぶちまけてほしいというのは刺激が強すぎるのかもしれませんね。

「可愛い」より「面白い」と言われたい

「可愛いって褒められるよりも、面白いって言われたり、思われたくてどうしても頑張っちゃう。相手を笑わせようって思って笑いに走っちゃうから、恋愛対象じゃなくて友達になっちゃうことが多い。恋愛っぽいムードになっても恥ずかしくて笑いにもっていくのは私の悪い癖だと思う」(20代/学生)

▽ 恋愛対象に入るよりも、面白い人間として認識してもらいたいという気持ちが強いためにモテないと言っている人も。自虐や、おかしな行動ばかりをしているとなかなか恋愛相手として見られることはないもの。確信犯としてやっているのかもしれませんね。

議論に勝ちたがる

「相手が上司であっても、間違っていることに対しては口を挟んでしまうし、議論をふっかけられたらどうしても勝ちたくなってしまう。相手を言い負かしたいというのは好かれないよなって思いつつ、なかなかやめられない。自分が正しいって思っている人にはなおさらね……」(30代/金融)

▽ 相手の考えが間違っていると思うと、口を閉じてはいられず、相手が「参りました」というまで議論をしてしまう人も。議論をする場なら問題ありませんが、プライベートでも同じだと相手はしんどいと感じてしまうものです。

愛想笑いができない

「面白くないことには笑わないところかな……。相手を思いやって笑ってあげたいとは思うんだけど、愛想笑いを10分するだけで寝込むくらいに体力も精神力も消耗するからどうしてもできなくて……。愛想笑いが少しでもできたら恋愛も違っていたかもなぁって思う」(20代/IT)

▽ 面白くないことに無理して笑う必要はありませんが、さすがにつまらなさそうな顔をしていると相手も傷ついてしまいます。とはいえ、愛想笑いをするのにも体力や気力が必要ですよね。

記事を書いたのはこの人

Written by

小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。

IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。
育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。
コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。
ブログ:http://kobayashike.com/
インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/
note:https://note.mu/uchidareiko