自分の家なのに落ち着かない…女性陣が同棲開始時に気を使いすぎたこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2020.03.26.Thu

結婚前にお試しとして、同棲期間を設けるカップルは増えてきていますよね。でも、彼と一緒にいられるのはうれしいですが、他人と住むのはそれなりに気も使います。最初から頑張りすぎてしまったがゆえに、のちに自分が苦しむハメになることも……。
そこで今回は「女性陣が同棲開始時に気を使いすぎたこと」についてご紹介します。

1. 家事を完璧にしすぎてしまった

「彼に喜んでもらいたくて、料理や洗濯などの家事を完璧にやりすぎてしまった。でもいつの間にか『私がやって当たり前』と思われてしまい、彼の手伝いはゼロ。共働きなのに不満が生じ、私のほうが彼に冷めて別れました」(30代/接客)

▽ 完璧な奥さんを目指そうと、同棲の段階から頑張りすぎてしまうと、だんだん無理が生じてきます。あなたへの家事のハードルが高くなり、彼がケチをつけてくる可能性も……。ふたりが対等な立場でいるには、最初が肝心。お互いが適度に動けるよう、やりすぎないことも大切です。

2. トイレの音が気になって…

「トイレで大きいほうをするのが恥ずかしくて、我慢するようになってしまった。でもそれで体調を崩し、かえって彼に心配をかけてしまいました……」(20代/住宅)

▽ 同棲すると、気になってしまうのがトイレ問題。また彼の前でオナラができず、お腹が痛くなってしまう人も……。どれも生理現象なので当たり前なのですが、同棲初期はつい我慢しがちに。お互いがストレスをためず、快適に生活するためには時間がかかるのかも。

3. 生活費問題

「家賃や光熱費は折半だったのですが、『○○(私)のほうが使っているのに、割り勘なの?』と思われるのがイヤで。彼が帰ってくるまで暖房をつけなかったり、お風呂も短時間で済ませる生活をしていました。でも自分の家なのに気が休まらず、逆に疲労が溜まりましたね」(30代/サービス業)

▽ 節約は大切ですが、過度にやりすぎると疲労困憊。生活の質も下がり、どんどん効率が悪くなります。特に暖房を使うシーズンは、いくら割り勘とはいえ罪悪感が生まれることもありますよね。とはいえ家にいる時間が長いほうが、必然的に電気も多く使用します。それで文句を言うような彼なら、そもそも同棲は白紙に戻したほうがいいのかも。

4. 彼の生活に合わせすぎてしまった

「朝方の私に対し、仕事柄夜中に帰ってくることも多い彼。でも彼に合わせて起きて待っていたら、寝不足でフラフラになりました。このままじゃダメだと思い、いまでは寝室をわけるようにしました」(20代/一般事務)

▽ 彼に合わせてばかりいると、自分の生活がおざなりに。いろいろガタが生じてしまい、仕事にも影響が出てしまいます。平日はお互い仕事第一で行動しつつ、休日はふたりで過ごすなど、うまくペースが掴めるといいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]