これじゃ台無し! 初デート後に彼から送られてきた最低LINE4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2020.03.15.Sun

初デートというのは、彼と今後うまくやっていけそうかどうかを見極めるための大切なイベントです。しかし、デート後に彼から送られてきたLINEによって、後味が最悪になってしまうことも……。ということで今回は、「初デート後に彼から送られてきた最悪なLINE」をご紹介します。

初デート後に送られてきた最悪なLINE

(1)後からキッチリ請求される

「今日はごちそうさまでしたとLINEを送ったら、『次会ったときに払ってくれれば良いから気にしないで(笑)』とデート代を請求されて彼の器の小ささに驚きました」(25歳/保育士/女性)

▽ 割り勘ならそれで文句はありません。でも、これに関しては「見栄を張るなら、最後まで貫き通してください!」と言いたくなりますよね。

(2)「本心を察してよね!」

「『本当は泊まりたかったな。遅い時間まで遊んだわけだから、そこは察してよね! 次からはよろしくね』というLINEが届いたときは絶句しました」(32歳/ネイリスト/女性)

▽ いったい何に対しての「よろしく」宣言なのかがわかりませんよね。別に「付き合って5回目のデートまでは絶対にプラトニックを守ってもらいます!」なんて言うつもりはありませんが、せめてもっとスマートに誘えないものでしょうか。

(3)データに裏付けされた興奮報告

「『君の隣にいると、心拍数が上がるんだ! 君の魅力は僕を興奮させるよ』という旨の連絡が来たときには気持ち悪すぎて生理的にムリだと思いました。どうりでデート中そわそわしていたわけですよね」(32歳/フリーランス/女性)

▽ 自分の送ったメッセージだけでは足りないと思ったのか主張を裏付けるためなのか、その真意はわかりませんが、スマートウォッチで計ったデータも一緒に送られてきたそうです。そんなことを言われても、いったいどう反応すれば良いのやら。

(4)デリカシーがなさすぎる

「バイバイした後にデートのお礼LINEを送ったら、彼からの返事が『こちらこそありがとう。それと今日ずっと思ってたんだけど、お前かなり胸があるしスタイル良いからこれからが楽しみ! 次はどうする?』だったことがあります。その返事としてお別れの内容を記したLINEを送りブロックしました」(27歳/美容師/女性)

▽ 身体的特徴についての話題というのは、わざわざLINEで送ってくる内容ではないですよね。もし気になったのだとしても、それは自分のなかだけで留めておいていただきたいものです。

まとめ

良い感じで楽しめるデートもあれば、残念ながら彼とは合わないと気付くこともあります。「終わり良ければ全て良し」と言う言葉もあるというのに、デートの締めくくりになぜこんなことを送ってしまうのか……。どんなに考えても、やっぱり理解できそうにありません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子