結婚前に同棲するべき!? 同棲賛成派の意見とその理由4つ

2020.03.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

結婚する前に一度は同棲したいと考えている人も多いのでは? しかし、同棲に関しては反対派と賛成派がしっかりわかれていて、どちらの意見も「確かに」と思わされてしまうもの。
そこで今回は、同棲賛成派の意見とその理由について聞いてみました。

生理的に受けつけない部分が見えたから

「結婚を前提に彼との同棲がスタートしました。でも、一緒に生活を始めると生理的に受けつけられない部分が見えてきたんです。
部屋の片付けをしない、夜寝る前に歯磨きをしないなど、とにかく受けつけられなくて……。なにより、彼がその習慣を変えるつもりがないことがわかってしまって別れました。
でも同棲をしないままで結婚していたら、離婚することになっていたのかもしれないので、その前にいろいろと知ることができてよかったと思っています」(29歳・Mさん)

▽ 何度もお泊まりに行っていても、暮らしてみないと見えない部分ってありますよね。それが受けつけられないことであれば改善してほしいですが、こればかりは相手次第ですよね。

結婚することを前提に念のため同棲

「同棲期間の期限をしっかり決めて同棲するのはアリですね。なにより結婚を前提とすることが大切です。なんとなく同棲を始めた周りの人は、婚期を逃している人が多い気がする」(30歳・Mさん)

▽ 半年から1年間ほど一緒に暮らすことで、相手の私生活はしっかりと知ることができそうです。

家事を手伝ってくれるかを見極める機会

「お互いの家に行き来している間には見えなかったことがたくさんわかりました。とくに家事を手伝ってくれるかどうかですね。
同棲していなかったときには『なにか手伝おうか?』と声をかけてくれることが多かったのに、同棲を始めたら家事は全てこちらにおまかせなんて人もたくさんいます。同棲期間中にどれくらい彼が家事をやってくれるようになるかを見てみるのも必須ですよ」(29歳・Mさん)

▽ 家事の分担をまったくしてくれない人だと、不満が溜まってしまいそうです。同棲前と同棲後の対応の差が浮き彫りになる瞬間かもしれませんね。

結婚前に生活感のすり合わせができる

「一緒に暮らすと些細なことで揉めることが多いです。洋服の畳み方から、ゴミの捨て方、掃除の頻度まで、細かいことですがそんな小さなことが破局を招くような大ゲンカに発展します。だから同棲中に生活感のすり合わせをやっておくことで、結婚してから大ゲンカになって離婚なんてことを避けることができるんじゃないでしょうか?
私は同棲中にこういった小さなことで何度もケンカになりましたが、1年の同棲を経て結婚してから、無駄なケンカは本当に減りましたよ」(30歳・Aさん)

▽ 本当に小さなことでも許せないことってありますよね。そのあたりのすり合わせを結婚前にできると考えると、同棲の価値アリと言えます。

彼と同棲するかどうか迷っているあなたはぜひ参考にしてみては?

2020.03.01

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

チオリーヌ

Written by チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。 自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。

三井みちこ

Illustration by

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介