彼氏や夫が「おじさんになったなぁ…」と思う瞬間4つ

2020.02.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

付き合いが長くなるにつれて、相手の変化も目の当たりにしていくものです。毎日、一緒に暮らしていると気付かないものの、ふとした瞬間に「おじさんになったなぁ」なんて感じることもありますよね。自分も相手と同じように歳を重ねてきたものの、相手の変化にはしみじみと思う瞬間を聞いてみました。

臭いがかわった

「枕とかシーツとか、帽子とシャツの匂いが明らかに変わった! 前までは嫌な感じがしない体臭だったのに、今はおじさんっぽいこってりした臭いになっていて……。本人は気付いていないため指摘しにくいし、こっそり彼の洗濯物だけ2度洗ったり消臭スプレーを吹きかけたりしている」(30代/IT)

▽ 昔は無限に嗅ぎ続けられた彼氏の匂いも、気付けばおじさんの臭いに感じるそう。嗅ぎ続けたかった体臭が一転し、近寄らないでほしい臭いになったときに「歳をとったんだな」と感じるそうです。枕を洗う頻度が増えたのだとか。気付かれないように消臭スプレーをするというのも愛ですね。

寝る時間が早くなった

「若い頃は飲み会に行ったり、家でも晩酌していたりした夫。最近は寝る時間が早くなって晩酌もしなくなったのをみて、おじさんになったんだなぁって。健康に気を付けているというより、夜遅くまで起きれないんだって言われて『わーおじさんになったー』って思った」(40代/広告代理店)

▽ 若い頃は夜遅くまで飲み会に参加したり、家で晩酌をしたりしていても翌日に引きづらなかったのが、歳をとって飲めなくなり、遅くまで起きれなくなったのを感じて「おじさんになったな」と感じたそう。早寝早起きは健康にもよさそうですね。

お腹が出てきた

「出会った頃は細身ですらりとしていたのに、気づいたらお腹が出てきてたとき。それも、おじさんみたいなお腹の出方でびっくり。いくら食べても太らなかったのに、食べたらちゃんとお肉がつく体になったんだなぁとしみじみした」(30代/公務員)

▽ もっとも多かったのは、体型の変化を感じたときという声でした。若い頃は好きなものを好きなだけ食べても太らなかった体が、歳を重ねるとそうはいかなくなるもの。ほっそりしていた体も、気付いたらぽっこりお腹になっていたなんてこともあるでしょう。昔と比べておじさんになったなぁ、と感じる瞬間だそうです。

肉好きから魚好きに変わった

「お肉が好きで毎晩食べていた彼。30代後半に入ってから胃がもたれるようになったみたいで、あんなにお肉が好きだったのに魚を食べたがるようになった。魚料理に切り替えたら体調もいいらしい」(30代/看護師)

▽ 若い頃はお肉大好き! 食べたいものを聞かれれば焼肉やステーキと答えていた彼が、胃もたれを感じて魚料理を好むようになったのだとか。脂っこいものを食べられなくなるというのも、おじさんになったと感じる要因のようです。

2020.02.12

  • Twitterでシェア
  • f Facebookでシェア
  • B!はてなブックマーク

記事を書いたのはこの人

Written by 小林リズム

91年生まれのライター/コラムニスト。 IT系メディアの広告や編集者を経てフリーライターに転身。 育児系インフルエンサーとして「ゆるい育児」に関する話題を発信中。 コラムでは婚活・ママ・子育てのジャンルをメインに執筆。 ブログ:http://kobayashike.com/ インスタグラム:https://www.instagram.com/kobayashirizumu/ note:https://note.mu/uchidareiko

三井みちこ

Illustration by

×

Survey

ユーザーアンケート特集

series

連載特集

Googirl
Illustrator

イラストレーター紹介