「彼は私のもの!」バレンタインに起きる女同士の戦い5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2020.02.05.Wed

バレンタインに告白を決意したものの、事前にライバルがいることがわかると、落ち着きませんよね。なかには、ライバルと周囲を巻き込むトラブルになったり、友達を蹴落とす行動に出る人も……。
そこで今回は「バレンタインに起きた女の戦い」についてご紹介します。

1. 手作り派vs市販派

「なぜか手作りvs市販のマウンティング合戦になったことがあります。『付き合っていない相手に手作りは重い!』『市販は愛情がこもっていない!』と、女同士でバトルがはじまりました」(20代/営業事務)

▽ たしかに手作りor市販は大切なポイント。でも、結局はもらった彼がどう思うかがすべてですよね。それなのに女性陣がヒートアップしてしまい、バトルが勃発。マウンティングや分裂が起こることも。いま思うと不毛な争いだったなと思います。

2. なぜか関係ない友達同士がケンカ

「AちゃんとBちゃんが同じ男子に片思いしていたのですが、本人同士ではなく、その友達がケンカをしていたこと。裏で派閥ができ『Aちゃんの邪魔しないでよ!』『Bちゃんのほうが○○くんとお似合いだと思うけど?』と言い合いをしていて謎でした」(20代/接客)

▽ 当人ではなく第三者が揉めて、事が大きくなる場合ってありますよね。友達を心配しているのは伝わるのですが、正直言っていい迷惑。彼も地雷臭を感じて去っていくかも……。友達の恋はそっと応援するくらいがちょうどいいですよね。

3. 誤情報が流れる

「学年で人気の男子がいたのですが『○○ちゃんの告白をOKしたらしい!』など、誤情報が流れまくり。一体誰がそんなウソをついてたんだろう……」(30代/IT)

▽ 特にバレンタインはみんなの関心が高いので、いろんな噂が飛び交いますよね。なかにはウソもチラホラ……。その情報を信じてしまい、告白できずに終わる女性も。いま考えてもあの誤情報の発信源はまったくわからないのです。

4. こっそりチョコを捨てていた

「彼の机に入っているチョコを、とある女子がこっそり捨てていた。その現場を目撃してしまい、絶句しましたね」(20代/サービス業)

▽ ライバルの告白を阻止しようと、悪びれた様子もなくチョコを捨てる女子。正々堂々戦えない姿が、せこくてズルいですよね。こういう話を聞くと、やはりチョコは直接渡すべきだと痛感します。

5. 結局誰もうまくいかず、一件落着

「バレンタイン前からライバル同士が戦っていたけれど、彼が好きだったのは全く別の子だった。しかも彼も本命からはチョコがもらえなかったみたいだし。結局誰もうまくいかず、ある意味一件落着だった」(20代/金融)

▽ いくらライバル同士がけん制し合っても、彼に選んでもらえなければそれで終わり。みんなが片思いだったとわかり、ちょっぴり切ないバレンタインに。これを機にライバル同士が仲良くなったりする、不思議な現象が起こることも……。

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]