既婚者に聞いた! 結婚相手の「必須条件」と「妥協していい条件」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2020.01.13.Mon

「婚活しよう!」と思って男性と出会っても「何か違うかも」とお付き合いまで至らない場合、自分が結婚相手に求めるものや「結婚生活をこうしたい!」というイメージが固まっていないのかもしれません。既婚者、またはバツイチの女性に「結婚相手に求めて正解だったもの、いらなかったもの」について聞いてみました。

結婚相手に求めすぎないほうがいいもの

「収入が高い」は永遠じゃない

「夫は経営者で、結婚前はすごく羽振りがよくて旅行やプレゼントもよくしてくれていたんです。『結婚したら専業主婦でいいよ』と言っていたのに、事業がうまくいかなくなってケンカが激増しました。結局私も働いていますが、正社員の仕事をやめなくてよかったと思っています」(27歳/不動産関係勤務)

▽ 逆に、仕事を続けたいと思っていたのに夫に反対されて仕事を辞めることになる人もいます。また、仕事を辞めてしまって自立するお金がなく離婚できないという人も。何が正解ということはありませんが、「自分の生活は自分で養う」という気持ちを持っておいたほうがいいのかもしれないですね。

結婚相手に求めたほうがいいもの

親、親戚との適度な距離感

「バツイチで2回目の結婚生活を送っています。1回目の結婚のときは相手が地方の長男で、何かと親戚の集まりで帰省しないといけなかったのですが、『嫁は下働き』みたいな感じですごいストレスでした。今の夫はお互い東京出身でそういう面倒なことがないのが幸せです」(30歳/ネイリスト)

▽ 結婚した後に相手の実家に同居することになると、それまでとはガラッと生活が変わることになります。夫のことは好きでも義両親や親戚付き合いで結婚生活がダメになることもありえるので、自分が同居OKなのかはよく考えておいたほうがいいかもしれないですね。

女性に対するリスペクト

「周りの結婚している女友達の愚痴を聞いていると、私って本当にいい旦那さんを見つけたなって思うんです。人として私のことを尊重してくれるし、ちょっとしたことで『ありがとう』と感謝してくれる。何より私の話をちゃんと聞いてくれるところがいいです」(26歳/アパレル関係勤務)

▽ これは育った家庭の環境もかなり大きいかもしれないですね。男尊女卑な家庭で育つと、なかなかこういう感覚の男性になりづらいように思います。結婚相手として自分に合うかどうかは、彼が理想とする家族像を聞いてみるとヒントになるのではないでしょうか。

自分が何を重視するかが大事

結婚生活にはいろんな形があるので、「これが正解」というものはありません。ただ、長い人生を一緒に過ごしているといいことも悪いことも起きるもの。そのなかで相手に対して尊敬の気持ちを持てるかどうか、人として好きかどうかは大きいでしょう。
求める条件は「仕事ができる人」なのか「子どもに優しい人」なのかなど、その人の価値観で大きく変わるものです。自分が「どんな人なら一緒にいて尊敬できるかな」という視点で考えてみると、相手に求めるものが変わるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere
Facebook https://www.facebook.com/fumina29

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子