この子と付き合いたい! 大人の男性が恋に落ちた瞬間5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮本彰子

Written by:

2019.12.27.Fri

恋に年齢は関係ありません。仕事をバリバリこなす大人の男性だって、好きな女性を思い気持ちを揺らすことがあります。大人の男性は一体どんなときに人を好きになるのでしょうか? 今回は「大人の男性が恋に落ちた瞬間」をご紹介いたします。

いつもと違う一面を見たとき

「同期数人と一緒にフットサルをしたんですが、おっとりしていてスポーツとかやらなそうと思っていた同期の1人が実はめちゃめちゃ運動神経がいいことがわかりました。
楽しそうにフットサルをする姿をすごくかわいいと思いましたし、普段とのギャップもあって、最近気になっています」(20代前半男性・金融関係)

▽ 男性がギャップに弱いというのは年齢関係ありません。ただ大人の男性の場合、抜けているより意外としっかりしていると思われたほうが「いいな」と思ってもらいやすいようです。

一緒に何かをがんばったとき

「妻とのなれそめなんですが、部内旅行の仕切りを任されたのがきっかけでした。自然と一緒にいる時間が増えましたし、気付いたときにはとても大切な存在になっていました」(30代前半・銀行員)

▽ 物理的な距離が近いほうが恋に発展しやすいものです。大人になると誰かと一緒にがんばるということが少なくなるので、そういった機会があった場合は一生懸命打ち込んでみましょう。がんばっている姿は必ず誰かが見ていますよ。

自分のことを好きだとわかったとき

「大学時代の友人とは今も仲良しで3か月に1回くらい男女合わせて8人くらいで集まります。その中の1人から最近告白されて、今さら付き合うとか考えられないと断ったんですが、男性と見られていたことがうれしいと思い、気がつけば私のほうも女性として意識していました。今度は私から告白して付き合うことになりました」(20代後半・自営業)

▽ 大人の恋は好きな気持ちがバレてしまっても問題ありません。むしろ積極的にバラしていきましょう。大人になって恋愛で傷つくのが怖くなるのは男性も同じです。好意を先に見せて相手に安心感を与えてあげましょう。

出会った瞬間一目ぼれ

「久しぶりに行った合コンで好みど真ん中の子に会って、年甲斐もなく一目ぼれをしてしまいました。向こうはこっちのことはタイプじゃなかったみたいですが、クリスマス前に猛アタックしてなんとか付き合ってもらいました」(30代前半・証券会社勤務)

▽ 男性は視覚で恋することが多いので、見た目がタイプというのは強力です。男性側の猛アタックで付き合ったというパターンは、ほぼ100%好きなタイプだったということになります。好みというだけで多少のわがままも許されるので、猛アタックされた際にはタイプじゃなくても少し検討してみるのがいいかもしれませんね。

いつも笑顔でいてほしいと思ったとき

「今の彼女は元々アプリで知り合いました。最初は付き合うかどうかまでは考えてなかったんですが、一緒にいるときにいつもとても楽しそうにしてくれていたのが印象的でした。どうしたらもっと喜んでくれるかな? と考える自分がいて、ちゃんと付き合おうと思いました」(30代前半・公務員)

▽ どんなにきれいにメイクしても笑顔がなければ何の意味もありません。笑顔は人との距離を近づける最強のツールです。相手が自分のことを思い出すときはいつも笑顔というくらいになると、相手の心に残る女性になれますよ。

記事を書いたのはこの人

Written by

宮本彰子

非モテ歴22年の平成女が恋愛の邪道を極めて、モテ女に大変身。大好きな人と結婚して、いつまでも幸せに暮らしている途中です。恋愛相談や文字を書きながらのんびり子育てしています。