絶対に幸せになれない!? 彼氏にしたら「面倒な男」の特徴4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
遠矢 晶子

Written by:

2019.11.25.Mon

この人と付き合ったら絶対に幸せになれる。そう信じていたのに、実際付き合ったら「面倒な男」だった、という経験はありませんか?
好きになってしまうと、つい冷静な目を失ってしまいがちになりますよね。ですが、できれば付き合う前に気づいて遠ざけておきたいもの。
そこで今回は、「彼氏にしたら『面倒な男』の特徴」をご紹介したいと思います。

1. いつも一言が余計

黙っていればすむことをわざわざ口に出し、いつも余計な一言を付け加える男。それは、間違いなく「面倒な男」です。
付け加える一言が相手を思いやる言葉なら問題ないのですが、人を不快な気持ちにさせることを必ず言いたがる男には要注意!
もし付き合うことになったら、会うたびに「太った?」「疲れてる? クマがひどくて老けて見える」など、イラッとすることを言われるのが目に見えています。

2. 小さな怒りが多い

小さな怒りを小出しで見せてくる男は「面倒な男」の代表格です。
激しく怒りを見せることはなくても、店員さんのミスにぐちぐち文句を言ったり、道でぶつかった相手に舌打ちをしたり、友達の悪口を言ったり……。
目立たちづらいかもしれませんが、たとえ小さくても怒りは怒りです。
穏やなお付き合いをしたいと考えているのなら、常に怒りという感情と隣り合わせな「面倒な男」は避けましょう。

3. さりげなく人のせいにする

自分の思い通りにならないとき、自分がミスをしたとき、さりげなく人のせいにする。それは紛れもなく「面倒な男」です。
大袈裟に「おまえのせいだ」とは言わないものの「でも、僕は……」と言い訳をします。ほかにも「たしか○○がこう言っていたような……」と、遠回しに人のせいにする人間は、いつまで経っても自分自身に目を向けることがないので、反省も成長もしません。
「自分は絶対に悪くない」という考えが根底にあるため、話し合いができないのもまた面倒なところです。

4. ネガティブ発言をする

ネガティブ発言をする男は、男女問わず「面倒な男」と認定されます。ネガティブ発言を繰り返す男は決してあなたにいい影響を与えません。
思考がネガティブであるのは仕方ないことですが、それとネガティブ発言を繰り返すのは別のことです。
大人になれば、ネガティブ発言が周囲に及ぼす影響を考えられるもの。それが考えられないということは、周囲への思いやりがない「面倒な男」ということになるのです。

まとめ

いかがでしたか? どれだけ素敵な男性であったとしても、何もかもがパーフェクトな人など絶対にいません。
どれだけイケメンでも「面倒な男」であれば、あまり深入りしないことをおすすめします。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

遠矢 晶子

幼稚園教諭・訪問介護員・ホステスなど様々な職種を経て、現在は一児の母に。犬と猫に癒されながら、育児に奮闘する日々を送っています。