お泊まりデートが台無しに! はじめて彼の家に行ってドン引きしたこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
チオリーヌ

Written by:

2019.11.17.Sun

期待に胸を膨らませ、彼の家にはじめてお泊まりに行ったときのことを覚えていますか?「思ったよりもキレイだった」という方より、衝撃を受けた方のほうがきっと多いはず。今回はそんな、彼氏の家ではじめてお泊まりデートしたときにドン引きしたことを聞いてまいりました。

水回りがありえないくらい汚い

キッチンには何日も放置されているであろう食器、トイレやお風呂には最後に掃除したのがいつか分からないほどの汚れ……。思わず逃げ出したくなる水回りの荒れ具合に吐き気すら感じるのです。

元カノのものが置かれている

彼氏が買うとは思えないようなキャラクターグッズがホコリをかぶって放置されていたり、お風呂場にも女物としか思えないクレンジングオイルやヘアケア商品があったり。「使えると思って取っておいた」と悪びれる様子もなく言われても、元カノのものなんて絶対に使いたくないのが本音です。

部屋の中に異臭が漂っている

ゴミや汚れた洗濯物を放置した結果、部屋に悪臭が染み付いているのです。その匂いを消すためにお香でも使ったのか、混ざってカオスな匂いに。とりあえず窓を開けさせるも、部屋に染み付いた匂いはそう簡単には消えません。

寝具が汚すぎる

枕には脂汗が染みつき、シーツも口の触れるあたりが変色しているという汚さ。近づくだけでおっさん臭がしてくるのです。そんなベッドで一夜を明かしたら、体中にじんましんができてしまいそうです。

見えるところにエッチなものがある

一応きちんと整理整頓されているようには見えたけど、部屋の中にはエッチなグッズがたくさん……。彼女が来ると分かっているんだから隠しておいてほしいものですよね。「男はこういうもの」と開き直っているのか、まったく悪びれる様子もなく部屋に置いているのです。

極度の潔癖症

もはや部屋の中で自由に動けないほど「そこに置かないで」「それは触らないで!」「これはここから動かさないで」と3秒ごとに指示を出してくるのです。部屋がキレイなのはいいけれど、ここまで神経質だとお泊まりするのが苦痛に。

みなさんは彼氏の家にはじめて泊まりに行ったとき、衝撃的なことがありましたか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

チオリーヌ

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。
自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(http://lovely-world-house.com/)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(http://chioline.com/)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。