大好きだけど「彼…面倒くさい…」と思うこと4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
小林ユリ

Written by:

2019.11.01.Fri

彼のことを嫌いになったわけでもないし、むしろ大好きなんだけど……でも正直「彼のここが面倒くさいんだよな~」と思う瞬間って、交際年数に関わらず、あったりしますよね。だからといって別れたいわけではないのですが。一見矛盾しているようにも思えるこの手のモヤモヤとした気持ち。しかし、きっと誰もが経験したことがあるものなのではないかと思います。

面倒くさい彼のリアルを集めてみました

(1)「今なにしてる?」と聞きがち

「逐一LINEで活動報告をさせられることが、ちょっと面倒だなと感じるところです」(25歳/医療事務/女性)

▽ 好きなひとがなにをしているのかって、気になるところですよね。「好きだからこそ知りたい!」きっとこれは普通の感情なのではないかと思うのですが、時と場合、頻度によってはうっとうしいと感じることもあるのです。

(2)「俺と遊ぶより楽しいの?」と、依存度が高め

「デートに誘われた日が、ちょうどライブの日だったんですね。なので違う日を代替案として提案したら、『俺と遊ぶよりもライブのほうが楽しいのか』と拗ねられたんですよ。いい大人がなにを考えているんだか」(31歳/公務員/女性)

▽ なんだかコレ、「私と仕事どっちが大事なのよ!」というのと似ている気がしますね。それにしても、プライベートの充実は恋愛を長続きさせるコツだというのに……。

(3)俺通信について返事を求めてくる

「彼の一日がどんなものだったかとか、あんまり興味がないんですよ。それなのにいちいち意見や返事を求められるのは、はっきり言って面倒くさいことこの上ないですね」(35歳/介護/女性)

▽ どうでもいい話に耳を傾けるのって、結構な苦行なんですよね~。もうこうなったら適当に相槌を打つほか、回避する方法はないのかもしれません。

(4)「俺も仲間に入れてよ!」と、グイグイくる

「仲のいい友だちグループでの集まりに無理やり入ってこようとする彼。紹介したければこちらから声をかけるから、いちいちアピールしてこないでほしい」(31歳/保育士/女性)

▽ 誰にでも自分のテリトリーというものがありますが、そこにズカズカと入ってこようとするひとっていますよね。ただ、逆に踏み込まれたくないタイプのひとも一定数いるんです。恋人の友だちの輪の中に率先して混ざりたいタイプのひとと、自分の居場所を侵食しないでほしいと考えるひと。互いのタイプが違うと、ひと悶着ある……のかもしれませんね。

おわりに

面倒くさいと思うところがあって、それに無性にイライラしてしまうこともあって。でも、それでもやっぱり「好きだから仕方ないか」というような感じで交際を続けている女性たちが多いような印象を受けました。
誰にだって面倒くさい部分というのはあるものです。一時的に腹が立っても、最終的には面倒くさい部分さえも愛しいと思えたなら最高ですよね。面倒くささごと彼を受け止めちゃうのが仲良しカップルへの近道なのかも!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

小林ユリ

1987年生まれの好奇心旺盛なお調子者。ありふれた日常の中に笑いを見つけることが大好きで、面白そうなことがあれば所構わず首を突っ込む癖がある。
考えるよりも先に行動しちゃっているタイプ。それで失敗することもあるけれど、
「Don’t think. Feel!」ってことで!

Twitter @ohana2425

 写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子