ひょっとして私のせい!? 彼氏をダメ男にしている7つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
MARIE

Written by:

2019.10.31.Thu

よかれと思ってしていたり嫌われないようにがんばっていたことが、むしろ彼氏をダメ男にしているかもしれないとしたら……? もちろん彼氏の人間性や考え方が間違っているからだとしても、自分がそのきっかけとなってしまうのは避けたいところですよね。
知りたいようで知りたくない? 彼氏をダメ男にしている可能性があること7つをご紹介します。

注意しない

彼氏があきらかに悪いことを言っていたりダメなことをしているのに、彼女として注意しないのはNG。
「彼が好きだから嫌われたくない」という気持ちもわかりますが、いけないことはきちんと指摘をしてあげたり、時には怒ってもいいのです。ダメなことをダメとハッキリ言ってくれる女性の方が、男性は案外うれしかったりするもの。
もし見過ごしたままでいると彼氏がどんどんダメ男に陥ってしまい、あげくの果てには自分にも迷惑をかけられることに。

お金を貸す

“典型的なダメ男”というイメージのある、お金を貸してほしいと要求する男性。本当にピンチの時だとしても、そもそも女性にお金を貸してほしいとお願いすること自体、違和感を覚えますよね。しかもお金のない理由が無駄遣いやギャンブルだとしたら最悪。
「しょうがないなぁ」と言ってお金を貸してしまうことで、彼氏はどんどんダメ男の道へと進んでいってしまうでしょう。

浮気を許す

“浮気を許す=イイ女”だと勘違いしていませんか?「男なら浮気くらいしちゃうものだから……」と余裕をかまして、彼氏が浮気をしても別れずに許してあげる人は要注意です。男性からしたら好感を持たれそうですが、彼氏は彼女のやさしさに甘えてしまう可能性大!
浮気をした人は残念ながら繰り返してしまう傾向にあります。浮気を許してダメ男をさらにダメ男にしてしまっては取り返しがつかないことになるので、早めにお別れした方がいいでしょう。

自分が決めるor彼氏が決める

デートで行く場所や何を食べるかなど、付き合っていると「どうする?」といった会話をよくしますよね。この時、お互いが意見を出し合ったり、2人で話し合って決めることが理想のカップルと言えます。
なのに、いつもデートプランは自分が決めて彼氏は全く無関心だったり、逆に彼氏が決定権を握っていて自分の意見は反映されないという関係性はよくありません。結果的に、彼女を大切にしなくなったり傲慢な人間になってしまうことでしょう。
どちらかだけが決めるのではなく、一緒に毎日を楽しめる男性がいいと思いませんか?

お世話係になっている

同棲中のカップルにありがちですが、いつのまにか彼氏の“お世話係”になっているようであれば、一度関係を見つめ直した方がよさそう。
身の回りの世話やごはんの支度、掃除や細かなことまで自分が全て行なっていては、彼氏はいつまでたっても成長しません。もし結婚を考えるならなおのことやめるべき。
付き合い始めはお世話することにうれしさを感じていたとしても、ずっとその生活が続くと次第に男性は当たり前だと感じるようになり、どんどん態度もデカくなっていきます。「一緒にやろ!」と明るく誘って、彼氏に教えてあげるようにするといいかもしれません。

頼らない

自立して何でもできる女性は同性から見るとかっこいい存在に思えますが、恋愛においてはちょっとデメリットとなることも。男性は女性に頼られることにうれしさを感じるものなので、あまりに一人で何でもできてしまう女性だと男としての自信や存在価値を見失ってしまうのです。
“お互い自立した付き合い方をする”と決めたとしても、時には弱音を吐いたり素直に甘えてみることが、男心をくすぐるポイントです。

聞き分けのいい女

サッパリした性格の女性は誰からも好かれますよね。束縛やネチネチしたことを嫌うので、恋愛も長続きしやすいでしょう。
ですが、彼氏が「ごめん、今日仕事入って会えない」と急なドタキャンをされた時も「あ、そうなんだ。わかった!」と聞き分けがよすぎると、だんだんトキメキや刺激が薄れていき、“つまらない”と思われてしまいます。
さじ加減が難しいですが、聞き分けのいい女を完璧に追い求める必要はないのかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

MARIE

モデル経験あり、2児のママをしている29歳フリーライターです。メイク・美容・ファッション・プチプラ・インテリアなどおしゃれなものが大好き!アラサー女子&ママ目線で役に立つ情報をお届けします。