見た目よりも重要なのは? 彼女と付き合い始めた理由5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
ROI

Written by:

2019.10.27.Sun

異性に好意をもつきっかけというのは、人によってさまざまです。性格、外見、雰囲気……このあたりは一般的ですが、本人にしかわからない理由がある場合もあります。「なんだかんだいって、男性は美人が好きなんでしょ?」……いえいえ、そんなことはありません!
今回は、彼女と付き合い始めた理由について、男性たちのリアルな本音をインタビューしてみました。

良い香りがした

「はじめて彼女に近づいたとき、良い香りがして惹きつけられた。香水でもシャンプーでもなく、彼女特有の香りだと思う。本能的に好きになったという感じ」(27歳/金融)

▽ 遺伝子の遠い相手は「良い香り」と感じ、逆に遺伝子の近い相手は「嫌な匂い」と感じる……なんて一説があります。無性に相手の香りが気になったら、それは遺伝子レベルで惹かれているということかもしれません。

いつも自然体でいられた

「彼女といると、いつでも自然体でいられることに気づいた。自分が結婚を意識し始めていたこともあり、刺激よりも安心感のある女性が良いなと思った」(30歳/医療関係)

▽ 見栄を張ってばかりのお付き合いは疲れてしまいますよね。外見や性格はもちろん、「一緒にいてありのままの自分でいられるか」というのも交際のきっかけになるようです。

食事の好みがぴったりだった

「食事の好みが一致していたせいか、付き合う前のデートはいつも楽しかった。今の同棲生活でもストレスを感じないのは、好きなものや嫌いなものが似ているからだと思う」(27歳/IT関連)

▽ デートには食事がつきものです。同じものを食べて美味しさを共有できるような相手だと、たしかに距離が縮まりやすいかもしれません。

尊敬できる部分があった

「いつも仕事を頑張っている同僚に尊敬の念を抱き、同時に意識するようにもなった。お互いに敬いあえる関係でないと、カップルは長続きしないと思う」(26歳/公務員)

▽「尊敬できる人と付き合いたい!」という女性は多いですが、男性も同じようです。おんぶにだっこではなく、対等に付き合える関係が理想ですね。

理由もなく好きになった

「面食いの自覚があるけど、今の彼女に関しては特にタイプの外見じゃない。付き合い出したきっかけもあまり覚えてない。でも、今は彼女のことを心から大事に思う。理由なく人を好きになることもあるんだなと驚いた」(31歳/自営業)

▽ 相手の外見は好みでないものの、関係はいたって円満! という男性も。人は付き合うにあたり何かと理由をつけたがりますが、「なんとなく」で付き合い始めるのも悪くないかもしれません。

まとめ

男性が彼女と付き合い始めた理由についてお伝えしてきました。ピンポイントで「彼女のここに惹かれた!」と自覚している男性もいますが、「きっかけはわからないけどとにかく彼女が好き」という男性もいるようです。
男女の関係というのは、どう動くか予測できないものですね。何にせよ、まず彼の視界に入らなければ進展はありません。「自分は彼の好みじゃないから……」と諦めてしまわずに、まずは彼との接点を作ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

ROI

都内在住フリーライター。クラフトビールとハイボールが大好き。こじれ気味な独身生活を経て、何とか結婚にたどり着いたアラサーです。自身の経験をもとに、リアルな等身大の女子&男子の本音をお届けできればと思います!