「私のために頑張ってくれたんだな」とうれしくなった瞬間【彼女編】

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.10.26.Sat

普段は「頼りないな」「もうマンネリかも」と思うことが多く、彼との交際がイマイチ盛り上がらないというあなた。でも彼が自分を喜ばせようとしていることがわかると、胸キュンしますよね。「私ってこんなに愛されていたんだ」と、改めて幸せな気持ちになれます。
そこで今回は「『私のために頑張ってくれたんだな』とうれしくなった瞬間」についてご紹介します。

1. 忙しい中、会いに来てくれた

「出張続きの中、1日休みが取れたからと私に会いに来てくれた。正直『こんなに会えないなら付き合っている意味ないな』と思っていたけれど、彼の顔を見たらそんな気持ち吹き飛びました」(20代/営業事務)

▽ 「大好きな彼女の顔が見たい!」との思いから、心身ともに疲れていても時間を作るよう。「なかなか会えなくてゴメンね」「怒ってる?」と弱気な口調で言われたら、急に彼が愛おしくなります。
「私のためにわざわざここまで来てくれたんだな」と思わずキュンとするのです。

2. シャイなのに愛情表現をしてくれた

「普段はシャイで絶対好きなんて言わないのに、私の誕生日に手紙をくれたこと。何度も消しゴムで消した跡があって、いっぱい悩んで手紙を書いてくれたんだなと思いました」(30代/接客)

▽ シャイな彼が恥ずかしそうに愛情表現をする姿は、キュンキュンが止まらないですよね。普段は無口だからこそ、そのギャップにやられます。
「私のために、がらにもないことを頑張ってくれたんだな」とありがたく感じるもの。何だか泣きそうになっちゃいますよね。

3. 前もって予約や準備をしてくれた

「私が前々から行きたがっていたお店を予約してくれていた。『え! いつの間に!?』とビックリしたし、『あまりマメじゃない彼がここまでやってくれるなんて、私結構愛されてる?』と自信にも繋がりました」(20代/一般事務)

▽ ちょっぴり面倒くさい予約や旅行の準備などを、忙しい合間をぬってやってくれた彼。こういう手の込んだことって、好きな人相手じゃないとできないですからね……。
「好き」と言われるのもうれしいですが、こうやって行動に移してもらえると、より愛されている実感がわきますよね。

4. 少しずつ夢を叶えてくれた

「『一緒にディ○ニーランドに行きたい』『同棲がしたい』など、私の夢をひとつずつ叶えてくれた彼。私が『あまり無理しないでね?』と言ったら『○○の夢を叶えるのが俺の役目だから!』と……。すごくうれしかったし、私も彼にできることは何でもやりたいと思いました」(20代/住宅)

▽ いまはできなくても、時間をかけてコツコツと夢を叶えてくれる彼。ふたりの歴史の重さを感じるし、自分のために頑張ってくれる彼にうれしくなります。彼に任せきりになるのではなく、お互いに支え合えるカップルになれれば、結婚生活もともに進めそうです。

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]