幸せが一瞬でぶち壊し…。お泊まりデートの朝に起きた最悪エピソード

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
和

Written by:

2019.10.25.Fri

お泊まりの翌日って、余韻を楽しんでイチャイチャするイメージがありますよね。でも日常生活でも朝ってむくむし眠いしで、思い通りにはいかないもの。彼が隣にいるからって、急にすがすがしい朝になるわけでもなく、むしろ予想外のハプニングに恥ずかしい思いや困惑する女性も。
そこで今回は「お泊まりデートの朝に起きた最悪エピソード」についてご紹介します。

1. いびきや歯ぎしりを指摘された

「寝ているときの私のいびきがすごかったらしく、彼に『うるさくて眠れなかった』と言われました。いままで全然気づかなかった……」(20代/IT)

▽ デート中はモテやおしゃれを意識できても、さすがに寝ている最中は難しいですよね……。そのため予想外にいびきや歯ぎしりが癖になっていることも。
せっかくスッピン風メイクやおニューのパジャマでかわいらしさを演出したのに、彼から「いびきヤバかったよ」と言われたら一瞬で台無しに。恥ずかしくて顔から火が出そうになります。

2. お腹が痛くて…

「彼の部屋が寒かったからか、朝から腹痛でトイレにこもりきり。朝ご飯の食材も買っていたけれど、それどころじゃなくなりました……」(20代/接客)

▽ 空調の温度が合わなかったり、布団が変わって体温調節がうまくいかなかった……なんて人も結構いるのでは? 朝からトイレにこもりきりになり、彼からも「大丈夫?」と心配されます。場合によってはお出かけデートも、大幅な予定変更せざるを得ないことも……。

3. スマホを見られて大ゲンカに

「起きたら彼がこっそり私のスマホを見ていた。『勝手に何してるの?』と聞いたら『お前が浮気しているんじゃないかと思って』と言われ、朝から大ゲンカになりました」(30代/営業事務)

▽ 隣にいる彼が自分のスマホをチェックしていたら……。束縛への恐怖とイライラで混乱しそう。一瞬「え? 夢でも見ているのかな?」と思いますよね。いままでのラブラブムードが一転して大ゲンカに発展。どんなに言い訳されても、もう彼のことが信用できなくなります。

4. お母さんが突然やってきた

「彼の家にお泊まりをしていたのですが、合鍵を持っている彼のお母さんが朝早くやってきた。彼から『隠れて!』と言われ、着替えを握りしめたまま、ベッドの下に隠れました。もう最悪すぎましたね……」(20代/住宅)

▽ まさかのお母さんの登場に、穏やかな朝も一瞬で凍り付きます。慌てて隠れても、人の気配ってなかなか消せませんしね。もし隠れたのがバレたら印象も悪いでしょうし……。ここは「彼女が来ているからちょっと待って」と彼に伝えてもらい、きちんとお母さんに挨拶をすべきなのか迷ってしまいます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

和

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについてさまざまなWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、つらい恋愛ともに皆さまの心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」
Twitter:@Kazu_367
お悩み相談はこちらまで:[email protected]